Everything's Ruined

また息切れしたブログ
2020年4月30日
0

    ■朝起きたら「口座から自動引き落としができませんでした」みたいなメールが来てて何かと思ったら年金の2年まとめ払いの手続きのことで、あれおかしいな残高足りなかったかなとその口座をチェックしたらちゃんと引き落とされてた。なんだこれ。

    他の口座もチェックしたらヨドバシのカードで高額引き落としがあって、なんだこれやべえ不正利用!?と焦ったものの、先月初めに買ったスピーカーの引き落としだった。焦った…

    各職場の臨休が5月末まで延長されてしまってさらに収入が減ってしまうのでお金には敏感になっちゃうぜ!

    ■今日のテイクアウトは吉祥寺の人気店クルンサイアムでタレーパッポンカリー。家で食べてももちろん変わらずうまい。通常メニューのテイクアウトに加えて店頭でお弁当も売っててそっちも美味しそうだったので次回はそれにしよう。


    ■今日も午後の大半は庭で寝っ転がって過ごした。日なたはもう暑いね。息子は文筆活動に励んでいたが、iPhoneから踊ってばかりの国の群鳥が流れると「ん…?これ知ってるな… ジャニーズのお兄ちゃんたちの歌か…」と言っていました。

    大体のひらがなは手本を見ずに書けるようになったけど、なぜか「い」は必ず「イ」だし、「な」はまだ難しいらしくて手本を見ながらじゃないと書けないらしい。しかし、二画めまで書いたところで「『ナ』でいいじゃん!簡単だし!」と発見していた。

    | diary | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
    83-87 / Minotaur
    0

       

      Harem Scaremのハリー・ヘスが10代の頃在籍していたBlind Vengeanceってapple musicにあるんだなあ…そして海外だとアナログめっちゃ安いんだなあ…送料入れても安いから買っちゃうか…と聴きながらオーダーして、最後のクリックを済ませてから5秒たたないうちに「いやでもホントつまんないな…なんで買っちゃったんだ…」と後悔するという手続きを済ませてからそういやMinotaurもめっちゃつまんなかったんだよな…どんな感じだったっけ…と思って引っ張りだしてきたレコードです。

       

      2004年にO.P.M. Recordsというところからリリースされており、一応ピート・レスペランスの許可もとってそう(と言ってもSpecial thanksと書いてあるだけなんだけど)。100枚限定のレッド・ヴィニールもあるようですが、俺が持ってるのはブラック・ヴィニールで500枚限定なのかな?191/500と手書きでナンバリングしてあってホチキス止めの歌詞カードが入っております。俺はどっかで800円ぐらいで買ったんだけど、合計600枚、ちゃんと売れたんだろうか。

       

      ピートのギターはヘタじゃないけど特に魅力を感じないソツのないプレイというか、Harem Scaremで見られたようなメカニカルなリフワークは一切ナシ。A面とB面1曲目まではNWOBHMぽいというか、スウェーデンのProudから北欧風味を抜いたような感じでこういうのを喜ぶ層はいそうな気がします。前に聴いたときの印象ほど悪くないな。タイトルが83-87となっているのでその時代のデモだと思うんですが、B面2曲目以降は87年ぐらいの音源なのか音質はデモ感が増すものの、音楽的にはグッとプロっぽくなるというか、前半の素朴なだけから発展してちゃんとフックのある展開があったりキーボードの入ってる曲が出てきたりしてLAの翳りあるメタルバンドっぽく感じたりもする。

       

      と書いてますけどもBlind VengeanceにもMinotaurにも「Harem Scaremに続く原石の輝き」はなくて、「良くもまあこっからあの超高品質なHSの1stに、そして奇跡のような2ndにたどり着いたよなあ」という類の感心がまず大きくなってしまう内容です。でも、だからこそ10代後半から20代前半の伸びしろってハンパないなあ、そういう成長の大きさを楽しむためのアルバムとしてすごく意義のあるリリースだとも思います。そう考えるとBlind Vengeanceもまあ買っといていいね?たまに聴いて成長の大きさを楽しむためにね?よし!意義あるオーダーです!

      | アナログレコード、Vinyl | 22:27 | comments(0) | - | - | - |
      2020年4月29日
      0

        ■9月入学にしようという話がかなり盛り上がっているみたい。状況的に5月中に臨時休校解除が難しそうだし世界的に見ても4月入学って日本とインドぐらいだし…という感じでこれを機にどうよ、という雰囲気らしい。学校側としては行事のタイミングとかその辺を考えなきゃいけないから大変かもだけどその辺はなんとかなるか。もし実現したら5月病がなくなって10月病とかになるのかな…とか考えちゃいますね。季語や卒業をテーマにした歌や桜のイメージも変わっていくんだろうなあ。

         

        ■今日は東伏見駅まで行き、返す刀で伏見公園を通って善福寺公園に行くというなかなかの移動距離でした。公園はやっぱ人多かったな。家にいる時間がが増えた分断捨離や整理をした家が多いのか玄関先に「ご自由にお持ちください」と書かれた品々が並んでる光景をよく見かけた。

         

        そして飛び出しぼうやもマスク。やっぱ飛び出すならマスクしなきゃね。

         

        ■息子は1日に1度はつまらない(と思ってしまう)変なこだわりで俺か奥さんとケンカになってビービー泣く。昨日は「自分が最初に服を脱いで風呂に入りたかったのにお父さんが先に脱いでしまった」ことでベソかいてなかなか風呂に入らず、今日は昼庭で遊んでるときにお隣さんから駒をもらったんだがそれを寝る前にもう1回まわしてほしいといのでまわし、早く寝かせたかったのでまわってる途中で「はい、続きは明日ね」と止めたらそれで大泣きしていた。これもストレスなのかなあ、と思いつつも「そんぐらいで泣くなよー」とつい厳しくなってしまう。全体的には毎日楽しく過ごしてると思うんだけどね。

        | diary | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
        2020年4月28日
        0

          ■なんだか身体が重くて9時ぐらいまで寝てしまった。

           

          ■(ヨラン・エドマンのいたスウェーデンのあの)Madison再結成で今年中にアルバム出すらしい。こんなとき制作してられんの?と思ったけどスウェーデンは外出自粛とかないんだもんな。ピート・サンドベリの歌った3rdのデモはかなりポップだったけどその延長上なんだろか。とりあえず普通に作ってヨランが普通に歌えば期待通りのが出てきそうなので楽しみ。

           

          ということで今日はその3rdのデモとか87年の日本公演の音源を聴いていた。オープニングにOh Rendez-Vousやって、オーラスLay Down Your ArmsからまたメドレーでOh Rendez-Vousに繋いで終わるってEuropeのアタマとラストにFinal Countdownやるアイディア真似したんだろうなーと微笑ましくなります。

           

          ■こんな生活なので多分日常の歩数とか移動距離ってめっちゃ落ちてるよなあと思って万歩計的なアプリを入れてみた。息子のチャリに付き合って軽く走ったりしてたからか今日の移動距離は6.98キロ。9513歩だそうです。こういうの記録し出すと意地で走りたくなるよな。

           

          川を挟んだ線路のさらに向こうから視線を感じました。小さくてわかんないか。


           

          ■ケンタのガーリックチキンを食べたくてわざわざ買いに行ってしまった。ケンタはあんまり好きじゃないけどニンニクは好きなので美味しくいただきました。このガーリック2ピースとツイスターとポテトというジャンクな夕飯。ポテトはなくて良かったのに。

           

           

          | diary | 22:22 | comments(0) | - | - | - |
          2020年4月27日
          0

            ■雨が降る前に散歩に行こうということで、最近お気に入りの場所へ。車が左折するとき内輪差で後輪が縁石に乗り上げるのを見るのが好きな息子の指令でひたすら写真を撮りました。カメラロールがわけわからんことになってしまった。裁判で何かを証明するためにその乗り上げ頻度を検証する何かみたいな感じになってしまった。


             

            ■昼は武蔵関の揚子江の肉あんかけチャーハンと春巻。近くに梁山泊という肉あんかけチャーハンの有名店があるけど俺は揚子江の肉あんかけチャーハンの方が好き。テーブルには黒酢が置いてあってそれをかけて食べるとめっちゃうまいんだけど、お願いしたらその黒酢も付けてくれました。春巻はたまに食べるとうまいよね。息子に3本中2本食べられたけど。


             

            今日届いたOranssi PazuzuはNuclear Blastに注文したやつだったんだけど、Fuck Coronaキャンペーンとして次回オーダーのとき10%オフになるクーポンが付いていた。応援のためにガンガン買いたいが、いかんせん送料が高くてね…。

             


             

             

            ■夜はまた餃子。息子はもう包むことに飽きたらしく、俺が包んで焼く間のうのうとEテレを見てました。今日はちょっと焦がしてしまった。

             

            ■ようやくブレイキング・バッド見終わったのにベター・コール・ソウルもシーズン5まであんのかよ…と気が遠くなってたけど見始めました。

            | diary | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
            Mestarin Kynsi / Oranssi Pazuzu
            0

              Image with no description


              「おまえんち、どうすんの?親なんつってた?行くって?」「いや俺んちパスっす!」ことOranssi Pazuzuの新作、ダークグリーンヴィニールで届きました。何色かのカラーヴィニールが各300枚ずつリリースされててそのうちの一色。

               

              このバンド、今まではイマイチハマりきれずだったんですが、別プロジェクトWaste Of Space Orchestraにずっぽりハマったからかこの新作は一発でやられました。とにかくサイケデリックかつスペーシーな広がりとイーヴォーな闇のバランスが絶妙だし引っ掛かりのあるリズムの反復に豊潤な音色が重ねられていくのがサイコーで思わずアナ注。VoivodとSwansの融合て感じでほんといいなコレ。

               

              サブスクで聴いてるともう少し低音の広がりが欲しいなーと思ってたのでアナログの音はプロダクション的にもムードにもめっちゃマッチしてる。2枚組だけど曲が刻まれているのはC面までで、この3分割もちょうどいい。ちなみにB面ラストは針が上がらないような仕掛けになっており、アルバムの内容的にも1枚目の4曲と2枚目の2曲でコンセプトが分かれていたりするんだろか。

               

              | アナログレコード、Vinyl | 20:51 | comments(0) | - | - | - |
              2020年4月26日
              0

                ■晴れるのはいいがなんでこう毎日風が強いんだ。目にゴミが入りやすいハードコンタクトユーザーとしては、風速が1m上がるのは降水量が1時間あたり10mm増えるのと同じぐらいしんどいです。ヒノキのシーズンも終わりのはずなのにめっちゃ反応してるし、ひょっとしてヒノキ以外のにも反応してんの?感覚研ぎ澄まされすぎじゃない?

                 

                ■そんな風の中、虹色帯の車両を見たい息子に付き合って井の頭線の踏切まで行って帰ってきた。コンビニでおやつを買って、今日も庭にビニールシートを敷いて食べ、二人で寝っ転がってダラダラした。

                 

                そんな幸せムードのあとは奥さんと大ゲンカ。

                 

                洗濯物はなるべく日光に当てて乾かしたいから各部屋の窓のところに分散して干したい奥さん VS 取り込むときめんどくさいからまとめて干せやな俺 

                 

                くだらない!こんなくだらないことでいちいちケンカするなんてきっとコロナのせいだ!俺は悪くない!(昔からこういうことでケンカばっかしている)

                 

                 

                 

                | diary | 21:13 | comments(0) | - | - | - |
                2020年4月25日
                0

                  ■息子が井の頭線を見たいということでめっちゃ久しぶりに三鷹市方面に出かけた。裏通りを通っていつもの踏切へ。しばらく電車を見てから「井の頭公園を一周したい」というので公園側に降りてみたが、人は多いしマスクせずジョギングしてる人多いしでさすがにこれは近づくの怖いなーということで説得して(強権的に)帰宅。庭にビニールシートを敷いておやつを食べるなどした。

                   

                  ■ギリシャやドイツにオーダーしていたのにコロナ騒ぎで発送できないと言われていたレコードが続々と発送されたとの連絡が。欧州では収束ムードなのかしら。このまま届かず返金になった方が良かったのでは…という想いを胸に待ちます。

                   

                  ■夜はオンライン飲みをハシゴ。飲みと言っても酒飲んでないですけど。HBOウォッチメンは特殊能力があるヒーローが出ているわけではないが、アンジェラ息子は浮いたパズル?ブロックで遊んでいたシーンがあったので超能力があるんだと思っていたのにあれは「そういうブロックなだけ」と教えられてショック。スマホがない世界なのになんであんなおもちゃがあるんだ!そこは関係ないか!

                   

                   

                  | diary | 23:22 | comments(0) | - | - | - |
                  イングヴェイのブートが届いた。
                  0

                     

                    夕方になってLHからイングヴェイの1987年1月13日のフィラデルフィア公演のブートが届いた。紹介文通りかなり最前列に近いポジションでの録音ぽい。ただしその分ギターがちょい割れ気味だったりする。1月11日のトロイ公演もかなり高音質で有名だけど録音者・機材一緒じゃないかな?と思って聴き比べたらトロイ公演の方が全体のバランス、クリアさでは上でした。ただギターはフィラデルフィアの方がとにかく近いしLiarのキメフレーズの粒の揃い方がめっちゃカッコよいのでLiarマニアの方は是非。

                     

                    でもやっぱ前座公演なので短い。そういう意味では87年の音源はあまり聴かないんだよな。ちなみに3枚連続16番でした。

                     

                    Trilogyツアーで良く聴くのは

                    ■9月4日ブルックリン公演

                    心臓の鼓動みたいな低音ノイズが定期的に入るのでそれを頑張って除去すれば音質も良い。Disciples Of HellやAnguish & Fearがセットに入ってるのもいい。あとウォリー・ヴォスのベースプレイがクリアに聴ける。

                     

                    ■9月14日ダラス公演 

                    ブルックリンより音は劣るが音を加工しまくると聴ける音になる。イングヴェイの調子がブルックリンより良く、Trilogyの終盤レコードではアコギでの下降フレーズを弾ききれてるのがいい。

                     

                    上記2公演はマーク・ボールズが歌っている(上に調子がいい)のがとにかく大きい。あとこの時期はまだ会場が小さめなので音を近くに感じることができるのもいい。Jeff Scott Soto加入後となると

                     

                    ■11月9日東京公演昼の部

                    Burning BlindとかThe Viking Ages等何度もタイトル違いで再発されるのが頷ける高音質。でもセットリストが平凡なんだよな。

                     

                    ■におわせ

                    あとは詳しいことは書かん方がいいかもしれんのでにおわせでイラつかせてしまって申し訳ないが、俺が知る限り唯一のTrilogyツアーのサウンドボード音源。イングヴェイもバンドも歌もすべてが荒々しい(≒雑)。ヨハンソン兄弟が演奏する俺が知る限り唯一のEvil Eyeをプレイしていたり85年のツアーでもやっていたVan HalenのAin't Talkin' Bout Loveのカバーを演奏していたり通常のセットリストとちょっと違うのもいい。ただ、いくら低音上げてもほとんどベースが聞こえないのが残念。

                    | Yngwie Malmsteen | 22:30 | comments(0) | - | - | - |
                    2020年4月23日
                    0

                      ■昨日一昨日とかなりダラダラしてしまったので今日は息子の自転車と一緒にジョギング。つっても息子の自転車は2歳の頃から乗ってるヘンシンバイクで車輪も小さいしペダルのクランク?も短く、シャカシャカこいでもそこまでスピードが出ないので半分くらいは早歩き。全力疾走されるとさすがにヤバイけど。

                      帰ってきて一休みしてからちゃんと縄跳びも跳んだぞ。フェフ姉さんに影響されて毎日跳んでる(まだ2分半が限界)んだが大分腰痛が治まった…気が…する…。

                      ■岡江久美子さんがコロナで亡くなったとのこと。まだ河相我聞(かわいがもん、じゃなくてかあいがもん、なんだな…)が出てた頃の天までとどけをよく見ていたけどあの頃の岡江さんは今の俺より若かったんだな。そして20代の頃の岡江さんは土屋太鳳ちゃんに似ていた。

                      ■スウェーデンのコロナ対策は「旅行に行かない」ぐらいらしいが集団免疫を獲得しつつある、と成功のニュアンスで報じるメディアとやっぱ死者めっちゃ増えてるし死亡率が高くなってしまっている、と失敗のニュアンスで伝えるメディアの両方があってよくわからんな。実際「犠牲を伴っても早く収束させて経済活動へのダメージを最小限にする」と「経済にダメージがあっても死亡率を抑える」のどちらが正しいかわからんもんな。こらもうどっちであれ「ちゃんと色んなことを踏まえて自覚的なのかどうか」な問題よな。日本はちゃんと意図的にやってるのかよくわからんというか政策の意図をちゃんと説明できる人がいないのがなー。

                       

                      ■今日は全体的に機嫌が悪かったらしい息子(奥さんには色々ワガママ言ってたらしい)、珍しく本を読まず最初から電気消して、ちろっと話したらサクっと寝てくれた。

                       

                      ■5年前の今日、Faith No MoreのLA、The Wilternでのライブは撮影入ってたんだけどフルで出てきてくれないかなー。カメラワークもミックスも最高なので商品化していただけないかしら…

                       

                      この日はマルチカムオーディエンスショットもあり。

                       

                      ついでに言うとオーディエンス録音ながら超高音質の音源も出回ってんだよね。セットリストも最高だしこのツアーの音源としては日本公演と3泊5日みたいな強行スケジュールで観に行ったカナダの2公演と並んでめっちゃ聴きまくりました。
                       

                       

                      | diary | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ