Everything's Ruined

また息切れしたブログ
2020年3月31日
0

    ■今日は久々に井の頭公園へ。自転車でグルっと一周だけして帰ってきた。池の南側、花見ゾーンが立入禁止になってたおかげで桜絨毯ができていた。


     

    ■今週のテラスハウスは世界のヤバさを一瞬忘れさせてくれる、別の地獄であった。貧困、スタンダップコメディ、そしてその登場人物に感情移入する俺らという構造…完全にJokerじゃないの。


    ■諸外国の様子を見てると日本の状況ってまだ「始まりの段階」なのよね。どうなるんだろなー新年度…と思ったら都立学校はGWまで休校延長とのこと。まだ日経新聞だけの「関係者談」みたいなソースの記事だけども。

     

     

    | diary | 23:57 | comments(0) | - | - | - |
    2020年3月30日
    0

      ■ついに志村けんが亡くなってしまった。先週ぐらいには「ECMO使ってる時点でもうだめだということなんだろう」と言われていけどその通りになってしまった。志村けん次第で流れは変わるんじゃないかと数日前に書いたけど、都知事の会見見る限りではそこまででもなかったな。

       

      志村けんというかドリフのお笑いを見てたのはひょうきん族が始まるまでで、そっちの方が面白くて洗練されたお笑いだと思ってたんですが、今見るとドリフのお笑いは古典だから時代性を感じず、ひょうきん族は時代の反映としてその時代にのみ輝くお笑いだったなと思います。志村けんがDo Meを普及させて日本のR&B云々みたいな言説も見ましたけど俺にとってはひょうきん族で稲川淳二が毎回ボロボロになりながら歌っていた抱きしめてジルバ(Careless Whisper)の方がその後の音楽嗜好には影響した気が…しないか。

       

      ご冥福をお祈りいたします。

       

      ■昼はコロナ関係なく長蛇の列になっている某ラーメン屋の先の町中華へ。チャーハンに入ってるメンマの食感がいい。餃子はめっちゃエアリー。こういう店が無くなってほしくないし、「食べに行けるときは食べに行く」を続けていきたい。

       

      ■ロックダウンで自宅にいなくてはならなくなったことでDV、虐待が増えているなんて話の真偽はともかくとして、狭い空間にずーっと一緒にいるのは確かにしんどいだろうなあ。小さい子と親が二人で、ていう組み合わせとかさ。うちの奥さんと息子はいっつも「正論で怒る母」VS「言い方が悪いとトーンポリシングで対抗する息子」というTwitterみたいなケンカしてて、息子が「うわあああおどうざあああんおがあざんのくちがわるいいいい」と泣きついてくるというパターンです。

       

      で、クールダウンして、流れを整理して、みたいな。「相手が悪い、相手が変われ」と求めるだけじゃなくて、自分もどうにかできるところがあるんじゃないか、自分の行動によって相手の行動が変わることもあるんじゃないか…いやもちろん納得いかないことは納得いかないと言うことも大事だからガマンせんでもいいんだけどね、みたいな話をゆーーーっくり子守唄代わりの気持ちでするけどまあ相手は5歳なのでわかんなくてもいい。とにかく言い分と気持ちはわかるぞよしよしをメインにして合間に構造の説明と取り得る行動の選択肢について話す…という毎日。「お父さんもお母さんも怒ることはあってもおまえのこと嫌いなわけじゃないんだよ」と言うと「それはわかってる」と言ってくれるのがありがたい。

       

      こういう役割分担はたまたま俺がずーっと家にいるからできることで、俺だってずーっと息子と二人きりだったら冷静に対応なんてできないだろうからな。

       

      あとはいつまで俺に泣きついてくれるか、だよなー。

      | diary | 22:30 | comments(0) | - | - | - |
      2020年3月29日
      0

        ■昨日の夜息子に「明日雪降るってよ!」て言ったら「雪ぐらい見たことあるから別にいいよ…」と言われてなんだよ…俺はいまだにワクワクしちまうぞ…と思って寝たのに今朝は「おとうさーん!!雪だよ雪ー!!春なのに雪はめずらしいよきちょうだよー!!なんで寝てんのー!!」と起こされました。

         

        せっかくなので近くの公園まで言ってみたんだけど本気のガチ降りでなかなか楽しかった。満開の桜に雪が積もってるとこなんてなかなか見れない…というか51年ぶりらしいので俺今まで見たことなかったわ。雪だるま作って、息子の昼メシ用の肉マンピザマン買って帰ってきた。


         

        あとビッショビショで尻尾も垂れて「マジ勘弁してくれよ…」って顔になってる犬が散歩してました。

         

         

        雪もあったしこの週末は非日常感あったけど、状況は変わってないのにまた明日からは(ほぼ)日常に戻るってなんか不思議な感じすんな。

         

        ■今日のザ・ノンフィクションは続編もありそうな話だった。息子も真剣に見ていたけど意味わかったんだろか。あと毎回どこで見つけてくるんだろうね取材対象。

         

        ■ブレイキング・バッドのシーズン4終わりました。いやーおもろかった。ここで終わってくれた方がいいんだけどまだ続くのな…。明日からシーズン5見ます。

        | diary | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
        2020年3月28日
        0

          ■昨晩結局0時を過ぎるのを待ってウォッチメンの第9話を見てしまった。面白かったしこういう構造の話を思いつくだけでもすごいのにちゃんとエンタメに仕上げるってほんとすげえな!自分にはクリエイティビティとかがまったくないからこそ畏敬の念ばかりです。

           

          NINが2枚同時リリースしてましたけど、トレントが手掛けたウォッチメンのサントラもなかなか良くってよ。123とございます。

           

          Convergeの31分の新曲はアンビエント・ドローン。このままいくのか?まさか?ずっとこのまま?と思いながら31分過ぎました。

           

          ■買い溜め特にしないおじさんなので普通にメシ食いに出たけど「電車乗ってどっか出かけるような外出は控えるけど地元では普通に外に出る」て感じの街の雰囲気でした。子供のいない世帯は家でNetflixだのアマプラだのでのんびりできるんだろうけど子供がいると「一緒にこれやろうあれやろう」が永遠に続くので外に出れないのはしんどいだろなー。海外と違って家だって狭いだろうし。

           

          で、今日もカレーを食べました。西荻のY's Cafeというところ。正統派欧風カレーって感じで美味しかった。ここはドライカレーが美味しらしいので近々また行こう。

           

          | diary | 23:56 | comments(0) | - | - | - |
          King For A Day Fool For A Lifetime / Faith No More
          0

             

            今日でKing For A Dayリリースから25年だったらしいです。おめでとう!5年前にも並べて写真撮ってたみたいですけどRhinoからのクソリイシュー盤が増えたので記念にネ。左上がビル・グールドのサイン入りUSオリジナル、右上がUKクリアレッドヴィニール、中段左がMusic On Vinyl、中段右がRhino再発、左下が7インチ7枚組ボックス、日本盤CD、Rhino再発CD。

             

            アルバムの内容は言わずもがなでサイコーですが、スピーカーも買い換えたことですし、再度聞き比べてみました。まずMusic On Vinyl盤は高、中、低の音域のうち、中の高のとこが薄いというか、若干人工的に調整されてるような印象を受ける。でも低音の引き締まりがクリアでベースランニングが気持ちいいし全体的には解像度が高くていい感じ。これはMOV盤で決まりかな…と思ってUSオリジナルを聴くと、低音の厚みが全然違うしMOV盤で感じたような音域調整を感じさせない自然さが気持ちいい。

             

            そしてUKクリアレッドヴィニール。USオリジナルよりさらに低音厚かったような気がするなーという記憶通りなんですが、バスドラとかベースの響きだけじゃなくてマイク・パットンの低音がヤバい。Evidenceのサビ前、1番のWash it away、2番のYou won't feel meの低音は巨大なパットンが目の前で発したような振動で、壁と床が揺れる。こりゃ文句なしにUKクリアレッドヴィニールですわ!そしてジャケの紙質・印刷の良さはMOV盤>US>>UKと音の好みとは逆の順番でした。

             

            ちなみにRhino盤はダメダメなので「シングルB面曲を意地でもアナログで聴きたい」という強い気持ち強い愛がない限りは買ってはいけない。

             

            発売当時はリヴァーヴをかけないシンプルな音像があまり好きじゃなかったんですが、大人になるとこのシンプルさと生々しさが良くて、特にアナログを大音量でかけてるとスタジオで演奏してるその場にいるような臨場感なんよね。

            | Mike Patton | 21:20 | comments(0) | - | - | - |
            2020年3月27日
            0

              ■明日と明後日こそちゃんと外出自粛するんだ!と心を決めてサッポロ一番味噌ラーメンとカット野菜を買ってきたんだが、すぐ食べたくなって今日の夕飯にしてしまった。柿の種の黒七味味買ったらおいしくて6袋中4袋食べてしまった。そう、俺は食べ物を買って映画を見るときも予告が流れてるうちに食べ終わってしまう男。

               

              吉祥寺西友はとにかく米がなかった。

               

              買い物したついでに前からランチが気になってた居酒屋さんでカレー。3種盛。


               

              ■息子と奥さんが西武線を見に出かけたのでそのスキにブレイキング・バッドを見ておく。シーズン4ep7まで来ました。明日早起きして息子が起きる前にウォッチメンの最終話を見よう。

               

              ■補償がなけりゃみんな仕事はし続けるだろうし外出自粛するわけにはいかないよ、補償さえあれば家にいるよ、てのはまったくもってその通りだと思うんだけど、実際今のこの国にその補償を出せる余裕があるんだろうか。それがないから「自粛」を「要請」っつーわけわかんないことしかできないんじゃないだろか。国力が豊かな国がすぐそういう対応できるのはわかるんだけど、経済的に裕福でない国はどうしてるんだろう。

               

              あとあれよね、21世紀に入って自由・権利と安全を秤にかけて、自由・権利を拡張し続けてきた反動がここ数年大きくなってきてるけど、今回の騒ぎで一層加速しそうね。

               

              みたいなことを書いた後に「知らんけど」とか付けて責任回避したくなるこのクセ、なんとかならないですかね、もうならないな、ならいっか!

               

              ■今後どうなるかは割と志村けんの容態にかかっていると思う。

              | diary | 23:42 | comments(0) | - | - | - |
              2020年3月26日
              0

                ■勝手に今日から外出自粛にして息子も「そうだね!」とか言ってたくせに11時には飽きだして外に遊びに行ってきました。でも早めに帰れたぞ。

                 

                ■RadioheadのBest Kept Secretフェスティバルの映像を見ました。A Moon Shaped Poolは凄く好きなアルバムなのでこのツアーは好き。Let Downがセットに入ってるのがいいよね。

                Radioheadのオフィシャルライブラリーで公開されているTel Aviv公演の映像もめっちゃいいです。音声ビットレートはそんな高くないけど劇場公開用に撮ったやつなのか普通のテレビ放送用とは思えんクォリティだし実際放映されてない映像らしい。

                ■あとマイケルのWembley88年の映像を息子と見た。ダンスのキレはDangerousツアーの方が上だけどこのツアーまでは口パクゾーンも少ないしバンドの生演奏っぽさもめっちゃいいんだよねえ。

                 

                 

                メンバー紹介するときのみんなを立てるムードの良さもすごく好き。ただ、Badで「ネバーランドにさよならを」に出ていた彼が出てきて元気に踊るのを見ると辛い気分になる。息子はまだマイケルのその後を知らずに無邪気に見ていてちょっとだけうらやましい。最近はBadだけでなくSmooth Criminalもお気に入りで繰り返し聴いている。

                 

                 

                | diary | 23:39 | comments(0) | - | - | - |
                2020年3月25日
                0

                  ■今日も午前中はダラダラ過ごして昼から出かける。さすがに行くところなくなってきたというか、息子は毎日電車を見に行くだけで楽しいんだが俺が飽きてきた。とりあえず昼メシ。俺はボロネーゼ、息子はピザを注文したんだが俺のパスタの方が早く来たので怒っておりました。

                  Image with no description

                   

                  ■井の頭公園の桜は七分〜八分咲きかな?毎年この時期は平日でも花見客が多いんだけど今年はビニールシートを敷いて宴会をしているグループはほんの数組。青のビニールシートは景観を損なうので茶色のビニールシートが普及したらいいのにと昔から思ってるんですが、今年はそのブルーシートがないので景色がよろしい。

                   

                  ■夜は飲み。「こんなときに飲みに行かないで欲しいんだけど」という奥さんの小言、もっともでありますが、レコードとTwitterの話を沢山して楽しかった。

                   

                  ■家に帰ったら都から週末の外出自粛要請が出ていた。金曜にも飲みの予定が入ってたんだけどさすがにヤバそうなので中止に。家で過ごすのは大歓迎なんだが、金曜はスーパーとか激混みになるんかなーだったら早めに行って買い物しとこう…っていう客で明日も混むんだろうな。

                   

                  ■で、録画しておいた「家、ついて行ってイイですか」を見て今に至る。「Youは何しに日本へ」は来週から90分番組になるらしいが今回の騒ぎのせいで2、3ヵ月後ぐらいにすげー困りそう。

                  | diary | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
                  2020年3月24日
                  0

                    ■今日は久々に一人で昼メシ。息子と一緒だと行けない店でカレーを食べました。生ニンニクは濃厚接触回避に効果抜群。

                     

                    ■その後も一人でプラプラして、レコードを3枚買った。ちょうどそのとき息子が「お父さんどうせレコード屋さん行ってるんじゃないかなあ」と言っていたらしい。正解だ。

                     

                    息子はテレビがついているとそっちが気になってごはんをなかなか食べないので業を煮やした俺は「夕飯のときはテレビ消す!」と宣言し、それから1週間ほど経っている。元来テレビっ子な俺なのでごはん時にテレビが見れないというのはなかなかのストレスなんだがだからといってここでなし崩し的にテレビを見ながらごはんに戻したらまた元の木阿弥なのでガマンしております。

                     

                    ちなみにテレビ消して無音なのもなんなのでマイコーのレコードとかをかけてるので息子はご機嫌。The Way You Make Me Feelもだいぶ歌えるようになってきてしまった。毎回この動画の5:07のとこの「アジャフゥー」をバチっと決めてくれる。

                    まあ前よりはちゃんとごはんに集中してくれるようになってくれたのでいいか。

                     

                    ■以前からずーっと「オリンピック中止になれ」と思っていたんですけど延期かよ。延期は困る。まあ俺の困りなんてダニのように小さい困りであってめちゃめちゃ困ってる人が沢山いるんでしょうけど。スポーツ界はもちろん、興行関連は来年のオリンピックが終わるまで持ちこたえられるんだろうか。今年のフジも正直難しそうな気がするな。

                     

                    東京も感染者がどんどん増えてるけど先日の3連休はかなりの分水嶺になってしまったような気がする。再来週あたりに爆発したら学校はまた休校になるんだろか。

                    | diary | 23:38 | comments(0) | - | - | - |
                    Bongwater, Grip Inc., The Power Station
                    0

                       

                      フラッと寄ったレコ屋でフラットに買ってしまった3枚。先日買ったQOTSAの3rdでポイントカードがいっぱいになっていたのでそれをつぎ込んで買いました。

                       

                      Bongwaterはダニエル・ジョンストンのアルバムをリリースしていたレーベルShimmy Discの主宰であり、Galaxy 500のプロデュースをしていたマーク・クレイマーと当時の妻アン・マグヌソンによるローファイユニット…というのは先ほど知った情報。Faith No Moreのロディ・ボッタムが91年ぐらいのインタビューで「最近ハマっているのはBongwater」みたいなことを言っていたので買いました。予想通りローファイで不思議なサイケデリアをまとっているものの、ちゃんとポップというか聞きやすい音楽になっていてロディが好きだったのもなんとなくわかる1989年的USインディー。このToo Much Sleepは2ndで恐らくロディが言及していたのは90年リリースの3rdじゃないかと思うんでそちらも探してみよう。

                       

                      どのバンドにいた人なのかはわからないけどなぜかはっきりと名前を覚えているヴァルデマー・ゾリヒタとSlayerのデイヴ・ロンバードのバンドGrip Inc.。音楽的にはとにかくドラムオリエンテッドなメタル。スラッシュと言うほど速い曲は多くないんですが、デイヴのドラムのカッコよさで乗り切ってるのは間違いない。ゾリヒタ氏も結構弾いてるんですけどドラムが気持ち良すぎてソロもリフも、あんま記憶に残らなかったりします。

                       

                      The Power Stationはお安かったので。これぞ80'sサウンドプロダクションの頂点!て感じですが、曲はあんま好きなのないかなーと思ったけどめっちゃ音がいいのと仕掛けの面白さで聞けてしまう楽しいアルバム。

                      | アナログレコード、Vinyl | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ