Everything's Ruined

また息切れしたブログ
Gamma RayとA Perfect Circle
0

    息子の幼稚園のお迎えは自転車じゃなきゃ行けないんですけど俺のカッパ(ポンチョ)だと下半身ノーガードなので今日ぐらいの雨だとビチョビチョになっちゃいます。レコードの音にはアナログの暖かみが、とかよく言われるけどそんなびしょ濡れの寒い日にレコード聴いたってあったまりません。

    GAMMA RAYは1stだけありゃいいかと思ってたんだけど3rdが状態の悪いジャンク扱いで100円だったので思わずガマレー。やや迷走した2ndの反動でこの3rdはメタルカタルシスを重視したストレートな作風…と思ってたんだけど25年ぶりぐらいに聴いてみたら割とヒネりある曲も多い。特にB面はファニーなノリも交えたロックンロールFuture Madhouse、Judas Priest的メタルチューンLast Before The Storm、ディルクがヴォーカルのMotorheadっぽいYour Torn Is Over、エピカルでドラマチックなHeal Me、個人的には名カバーだと思ってるBirth ControlのGamma Rayのカバー(PVもアホで良かったんだけどYouTubeにないんでやんの)とバラエティに富んでて聴きごたえあるなあ。傷も目立つし状態悪いとは言えノイズや音飛びは特になし。このお値段でこの内容、いい買い物でした。

    A PERFECT CIRCLEはオリジナル盤。こちらのお値段はガマレーの20倍しましたけど足して2で割ったら1枚1050円ですから!2000年のレコードにオリジナルのありがたみはあまりないですけどそれでも再発盤よりなんとなく嬉しい。美しく妖しいプログレメロハーの世界。果たしてTOOLの新作とX JAPANの新作、どちらが先に出るのか!

    | アナログレコード、Vinyl | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
    AlcatrazzのRadio Show Disc
    0

      Alcatrazzは珍品。RKOというラジオ局で放送されたライブ音源のレコード、所謂一つのRadio Show Discってやつであります。1983年10月31日レセダのカントリークラブでのライブ…と言えばピンとくる方も多いでしょう。Alcatarazzの超有名ライン音源で、何年か前にLive '83として公式化(ただし怪しい)されたアレです。んじゃ珍しくないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、甘い!甘すぎる!このレコードはそれらの音源の大元中の大元で、数多くのブートはこのレコードをコピーして作成されたと思われます。ラジオで放送されたものを録音したのではなく放送するためにラジオ局に配布したレコードだからかテスト信号みたいなピーーーーという音や、イントロダクションのMCまで完全収録されていたりするんですが、なんといっても衝撃的なのはその音質。明らかに既発音源とはレベルが違う。40分強の音源ながらも2枚組になっていて、溝幅めっちゃ広いカッティングゆえに音圧がハンパない!これ聴いた後に先述のLive '83かけてみたけど比較にならないレベルでした。内容的にはツアー開始後間もないからか20歳のイングヴェイが信じられないほど丁寧に弾いているのが印象的。まだ遠慮してたんでしょうかね。まだスウェーデンから単身渡米して8ヶ月ですもんね。かわいいですね。

      で、Radio Show Discなので本来ジャケはなかったりするんだけど、これには写真の通りなぜかジャケにはイングヴェイのサイン。ご丁寧に鑑定会社の証明書?みたいのまで付いてました。

      Dareは元Thin Lizzyのダーレン・ワートンのバンドでジャケの通り決して晴れることのない曇り空の下で歌われるほんのりアイリッシュなAOR。これアナログで聴きたかったのよねー。600円で落ちてて嬉しい!2ndも欲しいなあ。

      Endonもアナログで購入。今作も河村康輔くんのアートワーク!前作の叙情性というかカタストロフィな感じが減退してロケンロー色が強まっております。ライブではさらにスケールアップしててかっちょ良かった!

      HMVでの40%オフに引っかかって買ってしまったMelvins。40%オフでもまだ高い。どれぐらい高いかというと、我が家の一か月の食費ぐらいです。こちらはAlcatrazzとは対照的に55分収録の1枚モノいうこともあってめっちゃ音小さい。アンプのヴォリューム上げればそれなりにアナログならではの魅力を感じることができる音になりますけどとにかく音小さい。Houdiniはそんなことなかったんだけどな。Melvinsは90年代前半のアルバムは全部アナログで欲しいけどたっけーんだよなあ…

      なんだか最近また購入ペース上がっちゃってる気がする。ストレスかなーストレスだな!ならしょうがないな!

      | Yngwie Malmsteen | 19:43 | comments(0) | - | - | - |
      自分のレコードは
      0

        自分でかける(フルオートプレイヤーで良かった…

        | アナログレコード、Vinyl | 19:42 | comments(0) | - | - | - |
        西荻窪ファンレコード
        0

          久々にファンレコードを覗いて軒先の4枚600円コーナーからジャパメタ5枚発掘。白獅子は持ってんだけどこの帯見たことないなと思って。

          こういう佇まいのお店大好きなので、いつか地球が膨張した太陽に飲み込まれて消滅するまで無くならないで欲しい。

          | アナログレコード、Vinyl | 19:39 | comments(0) | - | - | - |
          GospelとFather John Misty
          0

            まずはゼロ年代のプログレポストハードコアの名盤Gospel!アナログは少々お高かったですが買ってしまいました。これ今年になって2枚組で再発されてるみたいだけどトータルで40分弱の作品を2枚組にされたら落ち着いて聞けないし1枚モノで充分。音も全然問題なし!(でも多分年代的にCDの方が音良さそうだから聴き比べないぞ)

            手数足数がとにかく多く性急なドラムによく動くベース、そしてスペーシーでサイケデリックなギター。アルバムタイトル通りの暗黒世界を見事に描いております。久々に聴いたけどやっぱ感動しますねコレ。Convergeのカート・バーロウがエンジニアで参加。タイトル的にD.E.P.のIrony Is A Dead Sceneと似てますね。買って良かった。買って良かったぞ。買って良かったんだ!俺は間違ってないんだ!

            Father John Mistyはテストプレスがお安く売ってたので購入。しっとりとした歌とちょっとAORっぽさもあるヒネりのあるSSWというかフォークというか。非常にアナログが合う音楽性です。1000円台だったら全アルバムアナログで揃えたいなー。
             

            | アナログレコード、Vinyl | 19:37 | comments(0) | - | - | - |
            DeathとかFlotsam And JetsamとかMorbid SaintとかRadioheadとかとか。
            0

              Deathは欲しいけど高いんだよなあ、とずっと思ってたのにIndividual Thought Patternを買ってしまったら抑えが効かなくなり、こちらの2枚も購入。とはいえバッカ高いオリジナルではなく、Humanは一昨年のRelapseからの、Symbolicは2014年のMetal Bladeからの再発盤。どちらもお手頃価格だしCDにアナログの厚みを加えた感じの音質で文句ナッスィン。いや2019年の今言うのもなんなんですけどDeathはホント知的でテクニカルかつスリリングで素晴らしいなあ。チャックがレーベルに「デスメタルとして宣伝しないでくれ」と頼んだSymbolicまでいくと逆に激しさが足りなく感じたりもするのでCD持ってないSpiritual HealingやLeprosyもアナログで買って聴いてみようかな。もちろんクソ高いけど。 「メタリカにベーシストを引き抜かれたバンド」としての知名度が高いFlotsam And Jetsamの2ndはプロモ盤。ハラキリジャケはかなりダサいですが、速いしヴォーカルうまいしカッコいいけど曲が印象に残らない1stに比べてちょっとだけ曲の充実度がアップ。Elton Johnのカバーもいいアクセントになってます。

              メイデンにB級エピックメタル色を振りかけたようなLiege Lordの2ndもお安かったので購入。これ初めて聞いたけどそのB級感がアクセントになっててなかなかよろしい。

              アナログばっかり買ってるとノスタルジーに浸ってるように思われるかもしれませんが、当時NelsonとかBon JoviとかWarrantみたいのばっか聴いててスラッシュとかはほんと有名どころしか聴いてなかった俺には当時のヘヴィミュージックを聴くのは新しい体験だったりもします。「好きなのをアナログで聴き直す」というよりも「あの頃聴かなかった音楽にアナログで触れる」ことの方がここ数年は多いです。このIRON MAIDENのエディというかミイラ化した研ナオコが歌舞伎の白いカツラかぶってるみたいなMORBID SAINTもそんな今更スラッシュおじさんにドンズバーな爆走汚スラッシュ。アメリカのバンドなのにメキシコのみでリリースされたオリジナル盤は5万ぐらいするし、今回俺が買ったのも2016年にCentury Mediaから再発されたものでそもそもアナログで聴いたからってよくなるわけじゃなさそうな極悪音質。オリジナル盤はどんな音なんだろう…。でもその音の悪さも含め最高にいいですコレ。メタル好きな人間の快楽秘孔を正確に突いてくるギターの轟音と爆走しても細くならないドンパンうるさいリズムがたまらん。

              Paradoxの1stは年末の飲み会でタカさんが1stもいいよと言っていたので安く落ちてたのを購入。ドラマチックスラッシュの名盤2ndのHeresyには及ばないけどこちらもちゃんとその片鱗がうかがえて確かになかなかいい。

              Radioheadのこのアルバムは凄く好きなのにアナログ買うのを忘れてました。45回転で音がいいのはありがたいけど片面2曲ずつしか入ってなくてメンディーです。

              下段右の黒くてなんだかわかんないのは65daysofstaticの2nd。これアナログ出てたん知らなかった。Mogwai meets Aphex Twinとか言われてたのも遠い昔、て感じになってますけどやっぱこんときもいいね。ちなみにコレ、CDもついての再発だったので聴き比べてみたんですけどうん、CDの方がいいかな… でも大事なのはそこじゃないんだ!!

              | アナログレコード、Vinyl | 19:33 | comments(0) | - | - | - |
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              2425262728  
              << February 2019 >>
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE
              + OTHERS
              このページの先頭へ