Everything's Ruined

また息切れしたブログ
ちょいと一軒のつもりで降りて、いつの間にやら梯子レコ。
0

    俺は下北沢で降りただけなのになんでこんなことに…ストレスかな?何かに焦っているのかな?さすがにまだ全然聴いてないから今日はこれで終わりだ!命拾いしたな!

    | アナログレコード、Vinyl | 18:38 | comments(0) | - | - | - |
    ElegyとJudas Priest
    0

      お盆と言えばメタルですよね!言わずもがな! 「オランダのジャーマンメタル」と言われたELEGYは今聴くと全然ジャーマン感なかったりします。1stはアナログ出なかったのになぜか2ndがドイツ盤のみ出ております。それなりにテクニカルだけど親しみやすいメロディーも多かった1stに対し、この2ndではプログレッシブ志向が強まったというか「クサいの欲しい?そうはいかんざき!」とばかりにイケそうなところであえてツボを外す曲が増えました。ガッツポーズのスピードチューンかと思いきや軽躁状態でわけわかんなくなってるようなWindows Of SoulsやヒネりつつもポップなPoisened Hearts(ずーっとPoisonedだと思ってたんですけど違った…)あたりはそれが功を奏していて凄く好きなんですが、B面になると退屈に感じられる曲が増えて少々しんどい。ただまあそれを踏まえても聴きごたえ十分なアルバムで、俺は1stよりこっちの方が好き。

      あとこの時期のELEGYはヘンク・ヴァン・ダー・ラーズのギターが語られることが多いけど、マーティン・ヘルマンテルのベースがめっちゃ気持ちいいんだよ。あまりメタルっぽくないのかもしれんけど弾力性のあるランニングがすごく好きです。バックグラウンドが割とファンク寄りだってのをライナーかなんかで読んだような気もしないでもないのでそのせいかもしれない。で、このアナログ、94年てことでCDの方がいい音だったりすっかなーと聴き比べてみたんですが、高域の伸びはCDと遜色ないし、中低音域が豊かで(常套句)、マーティンのベースがCDよりはるかに際立って聞こえる!買って良かった!買って良かったぞ!(鏡に向かって)

      JUDAS PRIESTも気がつくと相場が徐々に上がってきてて、オリジナルアルバムを揃える気があまりなくなってしまったんですが(塩ビ焼けで1000円になってたPAINKILLERしか持ってない)、この2枚組ライブ盤がお安く落ちてたので購入。JUDAS PRIESTのライブ盤と言うとUnleashed In The Eastという70年代の名盤もあるんですけど、80年代的ド派手アリーナメタルと化したこのライブ盤もいいよね。そしてこのライブアルバム2タイトルは選曲に1曲もかぶりがないってのもすごい。で、これめっちゃ音良くない?ドラムの粒立ちとイアン・ヒルのベースの重さがすごい!2002年か2004年のリマスターCDと比較してみたらそっちは薄くて高音だけ強調したような音で、アナログの音の方が段違いでカッコいい!プリース党を自認する皆さまは是非聴き比べてください。買って良かった。買って良かったぞ!(インナーカメラでスマホに映る自分に向かって)

      | アナログレコード、Vinyl | 18:36 | comments(0) | - | - | - |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ