Everything's Ruined

また息切れしたブログ
Kamasi Washington, Heaven's Edge, Motley Crue, Talking Heads
0

    カマシ・ワシントンの新作アナログ買っちゃった!

    当初は「アナログは4枚組…しかも高い…」とスルーの予定だったんですが、内容の素晴らしさに愚息も昇天、仕事帰りに買ってしまいました。やっぱり高かったけど!しかも新作の隣にThe Epicの中古も置いてあってさーこれもまあいいお値段しやがったんだけどさー、勢いっつーの?ミッドフォーティの気合いっつーの?まあカマシてやりたくなりましてね、買ってしまったワシントン。Wスタンプデーだしね…と自分に言い訳することも忘れずに。

    新作は前半がEarthパート、後半がHeavenパートに分かれてるんですが、Earthパートはロック色濃い目で俺みたいな辛くて甘くてしょっぱい味付けが好きなお子ちゃまにはたまらんです。相変わらずコーラス入ると60年代〜70年代の映画っぽくなってそこがまた良い。

    下段3枚はいつの間にか家にあったもの。Heaven's Edgeはメロハー一歩手前のオーセンティックなハードロック。その普通さがいい。Motley Crueはベストあると便利だなーと思って買ったんですけどいざターンテーブルに乗せてみるとめっちゃ物足りなかった。普通にアルバム聴く方がいいやと思ってしまった。

    Talking Headsは店内でかかってたRoad To Nowhere聴いて欲しくなったところに日本盤帯なしがちょうど安く落ちてたので。めっちゃ懐かしいな!
     

    | アナログレコード、Vinyl | 18:31 | comments(0) | - | - | - |
    Strange Fruit / Zeal & Ardor
    0

      ブラックミュージックmeetsブラックメタルというブラックブラックガムみたいなZeal & Ardorの新譜が来ました!

      綿花ブルーズとブラックメタルの相性の良さよ…。どちらも抑圧から産まれた音楽だからでしょうか(適当)。カート・バーロウのミックスによってサウンド面もレベルアップしてるからか、The HeavyやAlabama Shakesに通ずる空気すら感じます。

      前作は音楽のインパクトはあったけど構成としてもう一山欲しいなってとこもあったんですが、今回はその辺も解消。かっちょええがなー!

      例によって2枚組なのが欠点ですけど45回転なので許しちゃう!
       

      | アナログレコード、Vinyl | 18:30 | comments(0) | - | - | - |
      Age Of / Oneohtrix Point Never
      0

        OPN新作、このジャケの文字部分はビニールの外袋に印刷してあるんですけど、そういうことされるとこのビニール捨てらんないし出し入れめんどいし、レコードをスリーブに入れて外袋にしまうときちょっと油断すると粘着部分がジャケに貼り付いてしまう危険まであってめっちゃウザい!なんなの!文字で書いてもまったく伝わらないと思いますけど!

        ただし内容は素晴らしい。前作のようなゲーム音楽・メタル的カタルシスに展開せずポストクラシカル的だったりポップになりながらも端々の歪みと音のレイヤーで云々カンヌンまあとにかく最高に気持ちいいです。ライブでどうなるかめっちゃ楽しみ。

        デップーは吹替版見てみたいなーと思ってたとこに1000円で買えたので。マッドマックス怒りのデス・ロードは息子が起きてても普通に流してましたけどこちらのグロシーンとかはさすがに見せない方がいいかなと思って自重しております。めっちゃ一緒に観たいんですけど!ダメ?
         

        | アナログレコード、Vinyl | 18:28 | comments(0) | - | - | - |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ