Everything's Ruined

また息切れしたブログ
<< LEAVE THEM ALL BEHIND 2014とRUSSIAN CIRCLE & JK FLESH | main | FAITH NO MORE 18年ぶりの新作発売決定。 >>
ODYSSEY / YNGWIE J. MALMSTEEN'S RISING FORCE
0


    あれ!また始まった!また始まっちゃった!?そうなんです。今回はイングヴェイのODYSSEY編であります。

    悪徳マネージャー、アンディ・トルーマンの元で近所の人も大迷惑なパーティライフ&アルコール浸りの壮絶な生活を送っていたイングヴェイがデロデロに酔って運転していたジャガーで木に突っ込み、ほとんど死にかけた後のアルバム。このアルバム制作前後のストーリーはとにかく壮絶。イングヴェイ本人による自伝ではなく、アンダース・テングナーが手掛けたAs Above, So Below -The Unauthorized Biography-でジョー・リン・ターナーが詳細に語っているので是非読んでみてください。映画化できるレベルの話だったよ。

    作品的にはイングヴェイがそんな状況でしっかり制作に関与できなかったのでジョーやジェフ・グリックスマンがイングヴェイ所有のデモだのなんだのから色々繋ぎ合わせて曲を完成させたと言われています。そのあたりがイングヴェイは納得いかない(上に認めていない)ようでこのアルバムをあまり気に入っていないようですが、スウェーデン時代のデモ素材とジョーのポップセンスの相性が良かったのかイングヴェイ色が薄くポップな哀愁フィーリングに溢れていて「イングヴェイを苦手な人が好きになりやすいアルバム」という彼のカタログの中でも異彩を放つ存在です。ブライトなサウンドプロダクションのおかげもあってすごくメジャーな感じよね。

    気に入っていないとは言えかっちょいいオープニングからドライヴ感たっぷりのリフになだれ込む永遠のオープニングトラックRising Force、イングヴェイに「あの曲はゲイだよ」という名言を吐かせたHeaven Tonight、デモ時代の曲名がTell Meだったとは言え歌詞もすっかり変わってしまったのに「俺も関与した曲だからアピール」として無理やりサブタイトルをねじ込んだDreaming (Tell Me)など、今でもライブの定番曲が多く収録されています。まあギターソロが交通事故の影響をモロに受けて流麗さもただのピロピロに終わらない鋭利さも失われてしまっていてすこぶる残念だし俺もそんな好きなアルバムでもないかなあ。

    話は逸れますがイングヴェイは気に入ってないということを表現するのに「あの曲はゲイだよ」という表現をするぐらいだからゲイを好んでいないというかホモフォビアDQNなんだと思われます。が、10年以上活動を共にしたマッツ・オラウソンがゲイだということにはまったく気づかなかったらしいです。イングヴェイの家に居候していたマッツが97年頃のある日いつものようにタイ在住の恋人と電話をしていたところ、たまたまイングヴェイが電話の相手の声が男性であることに気づき、「マッツ…!お、お、お、おまえゲイなの…!??」と慌てふためきパニックに。それでもそこで激怒するわけでもなく「い、いやいいよ、全然気にしないよ、うん」と言っておきながら2分後にトイレに走ってってゲロ吐いて、戻ってきたら「えっと…ピザ食べ過ぎたのかな…おかしいな…」とか言ってたっつー話はちょっとかわいい。ホモフォビアっぽい発言とは裏腹に一応彼なりに頑張ってんのな。ちなみに1999年前後にジョン・マカルーソがバンドに誘われたときには「おまえゲイじゃないだろうな!自分のバンドの60%がゲイって俺やだかんな!」と言われたらしいです(当時のヴォーカルはマーク・ボールズだった)。

    で、いいんだそんなことは!俺が語りたいのはレコードについてなんだ!こうしてイングヴェイのガンたれジャケットをずらっと並べてみましたが、上段左から日本盤、韓国盤、下段左からUK盤、US盤、西ドイツ盤。手前のちんこいのはリマスターCDね。もともと録音がいいアルバムなのでリマスターCDで満足の音質なんだけど、そこはほら、やっぱ80年代のアルバムはアナログで聴きたいっつーオタクっぽいこだわりがあるわけよ。で、最初にUS盤、次に日本盤を買ってみたんだけど思ったほど音が良くない。小さくこじんまりとした音なの。まあ元はこんなもんなんかな、CDのリマスタリング技術がよほど素晴らしいのかな、と思いつつ安穏と日々を過ごし、働き、老いていく、そんな人生を送っていたのでした。そんな起伏のない僕の人生でしたがこないだ某ユニオンで411円でイギリス盤が売ってたので一応買っとくかーと思って買ってそのままラックに入れて放置していたんですが、さっき思い出して聴いてみたら…あれ!!声が!!遅れて!!じゃなくて!!他国盤とは明らかに音が違う!高音の抜けと低音の厚みが増してる!すげー!UK盤すげーよー!!前にMARCHING OUTは西ドイツ盤だけが明らかに他国盤とは違う音作りになっているというネタを書いたけど、あそこまでではないにせよイギリス盤も結構違う。これは凄い!大変なことやと思うよ!!

    でもね!それよりインパクトがある衝撃の事実が!それではインナースリーヴを見てみましょう・・・。



    韓国盤は写真の下にYngwie J. Malmsteen'sと書いてありますけど続き書いてないっつーね。Denny'sみたいなノリになっちゃってますねって重要なのはそこではなく!

    下段左のUK盤だけ写真が違うじゃねーの!!



    なんてことでしょう!!どのアルバムのイングヴェイの写りばかり重視されてジョーはアゴのない変な写真になってますがUK盤だけ違う写真!!これは一体どういうことなんでしょうか…。UK盤さらにすごい!!さらに買ってよかった!!わーい!!!これはみなさんも驚いたんじゃないでしょうか!!!!!!

    えー、今回はちょっとインパクト薄かったでしょうか。でもイギリス盤が一番音が良かったつーのはホントなので!みんなそこ参考にしていいんだかんね!!

    ODYSSEYは他にもユーゴスラビアとかスペインとかギリシャとか色んな国でリリースされてるけどこのインナースリーヴの写真はどうなんかなあ。みんなどしどし教えてくれよ!(引き続きALCATRAZZの半透明盤の情報もお待ちしております)




     
    | Yngwie Malmsteen | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fantomas.kill.jp/trackback/928688
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ