Everything's Ruined

また息切れしたブログ
<< 上半期映画BEST13 | main | FUJI ROCK前に買ったレコーズ。 >>
Fuji Rock Festival 2014
0
    すっっっっっっっかりこのブログの存在を忘れて遊んでいました。

    フジロックにもしっかり前夜祭からフルで参加したのですがすでに記憶は遠い彼方・・・。「何が良かった?」と聞かれたら「何が良かったっけ」とiPhoneで出演者チェックするところから始めないといけません。そもそも今年こそはフジロック卒業(落第)しようと思ってたのにカニエ・ウエスト決まったから絶対行く!と宿を取ったらキャンセルされて、まあ観たいのはいっぱいあるんですけど例年になくプレフジブルー(用意めんどいしホントに行くのやめようかなモード)が強かったです。

    ■初日
    猛暑の中オレンジコートまで行ってイハは歌うまくなんねーなーと思いながらのスタート。TALCOは楽しかったな。んでもってSLOWDIVEも思ったよりすげー演奏が良くてビックリしました。「佐野史郎、遊びたい」の名作空耳も生で体験。

    期待していたMOE.は1stセットはすごく楽しかったんだけど2ndセットはちょっとレイドバックしてる場面が多くて飽きちゃったかな。でも良かった。RUSH meets CAKEみたいな感じ。通りすがらに観たBASEMENT JAXXは人の多さが凄かった。

    ■2日目
    ちゃんと早起きしてTHE HEAVYから観ました。一番盛り上がったのはやっぱSame 'Olだったけど他の曲も気持ちよかったです。暑かった。TRAVISはもう何度も観てるのでそっちには行かず大友良英とかソロモン諸島からはるばるやってきた祈祷(かどうかはわからん)集団NARASIRATOを観る。どっちも楽しかった。あ、WHITE LUNGも観たな。「あー、ノーブラだー」という感想。

    THE QEMISTSはイメージと違ってチャラくageポヨでデジロックでした。フジでこういうの観ると楽しい。St. VINCENTは音源は好きなんだけど以前サマソニで観たライブの印象が良くなかった(俺は覚えてないんだけど一緒に観た人が俺が「つまらん」と言っていたと教えてくれた)のでスルー。様子見で観たMAN WITH A MISSION、フジとは思えないほど中高生が多くてさすがでした。そこだけノリもロッキンオンジャパンになってた。感心だけして即撤退。

    PHIL LESHをチラ見。気持ちいいけどこれを3時間とか観るには内的なモチベーションだけでなく何かこう摂取しないとムリだなーと思った。BIFFY CRYLOは昔単独を観た記憶があったんだけどそんときの印象とは大違い。すげー良かった!DIZZY MIZZ LIZZYにプログレのエッセンスをふりかけラウドにしてスケールはMUSEに肉薄という感じ。いつの間にこんなバンドになっていたのかしら・・・。

    んでもってARCADE FIRE。いやもう非の打ちどころがないぐらいの完成度。与沢翼 meets 中川家みたいなルックスもグー。でもね、もうなんかクォリティ高過ぎで感覚としてはブロードウェーのミュージカルとかラスヴェガスのショーを観てるような感じなのよね。ラスヴェガス行ったことないですけど。もろちんそれを否定する意味はないし秒速で億稼いだり車掌さんのマネとかすごいんだけどさ、こうして山奥にまで来てまで俺が求めてるのは「ショー」じゃねーんだよ!もっとこうなんつーの、パーソナルな音楽なんだよ!ということで前半30分観てMANIC STREET PREACHERSにダッシュ。で、このMANICSが良かったんだわ。アタマの享楽都市の孤独を聴いたときからダッシュしてよかった!わが生涯に一片の悔いなし!いやARCADE FIREのWake Upは聴きたかったけどやっぱりこれが私の生きる道!みたいな感じがありました。ジェイムズは新橋のくたびれたサラリーマンみたいなルックスだったけど、Everything Must Goはこの俺にしては珍しく今の生活とリンクするところがあって泣けてしまったし、人生の10曲に余裕で入るEverlastingの弾き語りを聴けたりもうたまらんかったです。最高でした。あー、Wake Up聴きたかったな!

    ■3日目
    マニックスダッシュのせいで肉体の疲れが限界で午前中は動けず、楽しみにしていたDOWNYの代わりに布団といちゃいちゃして午後出発。OGRE YOU ASSHOLEは正直冷やかしというか、「どうせまた下北あたりでヒョロヒョロやってるような大学生っぽいバンドなんでしょー」という老害スタンスで臨んだんですけど実際観たらごめんなさい、サイケデリックでエクスペリメンタルで素晴らしかった。ASGEIRもまたもうブルータル!疲労がたまってる3日目、そして前日前々日と違って涼しく過ごしやすい天候の中でこんな気持ちいい音楽を鳴らすなんて!起きてられません!(脱落)

    実はめっちゃ楽しみにしていたSBTRKT、ステージには得体のしれない生き物のバルーンがでーんとあったりして派手なんですけど前半は地味。なんだよ出オチかよと思ったけどガマンして観てたら後半はちゃんとアガってきて良かった。でももっと演奏で聴かせてくれるかなーと思ってたからやや期待ハズレかも。

    その後はFLAMING LIPSとKELISをチラ見して、OUTKAST。これはもうラストだしとにかく乗せてくれて楽しいし気持ちいいしでサイコーでした。

    で、行っちゃえば行っちゃうで楽しいよね、というのを確認する例年通りのフジでした。日焼けしたわー。
    写真もいっぱい撮ったんですけどめんどくさいんでまたやる気出たら足しますわ。
     
    | ライブレポ | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fantomas.kill.jp/trackback/928685
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ