Everything's Ruined

また息切れしたブログ
<< LIVING COLOUR, MUDHONEY, TEENAGE FANCLUBなどなど。 | main | !!!, CHASTAIN, HELMET, HELLOWEEN, KILLING JOKE, SKID ROW >>
DAKOTA, FORTUNE
0


    本日は80年代中盤のメロハー2枚。どちらもメロハーというよりAORと言った方がしっくりぽっくり。古臭いアメリカ版歌謡曲が夜に沁みます。

    Runaway / DAKOTA
    (MCA Records - MCA 5502)
    ビル・ケリーとジェリー・ウルツェク(Hludzik)の二人によるプロジェクトっぽく、これが2ndアルバムらしい。80年代っぽいキーボードに彩られた爽やかなアルバムであります。中身知らんで買ったけど当たりだったなー。Additional GuitarのクレジットにNELSONやBAD ENGLISHのアルバムをプロデュースしたRichie Zitoの名前があったんでヘーと思って色々たどってたんですが、薬師丸ひろこが主役の映画、里見八犬伝のサントラにRichie Zitoの曲が入ってるんですね。超どうでもいい情報ですけども!




    Fortune / FORTUNE
    (MCA RecordsCamel - P13260, MCA-5673)
    俺の世代で言うとFORTUNEと言えばゼロ・コーポレーションが発掘したスウェーデンのFORTUNEのイメージが強いのですが、こちらはアメリカはLA出身のFORTUNE。DAKOTAより少しハードで哀メロ度高い。日本盤の邦題は「聖未来」。なんとなくAVっぽさ感じる。



     
    | analog records | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fantomas.kill.jp/trackback/928682
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ