Everything's Ruined

また息切れしたブログ
<< SWANS at 代官山UNIT | main | Better Raw Live / YNGWIE MALMSTEEN >>
Highlights In La / RICHIE SAMBORA (DVD)
0
     

    久しぶりにブートDVDを買いました。

    ■Highlights In LA / RICHIE SAMBORA
    2012年11月13日のLA公演をプロショットで収録したDVDでBURRN!誌でもレポートされていた日の映像。撮影していたということでテレビ放送されたのかわからないが、開演前の様子から臨場感たっぷりに収録されている。カメラワークは凝っているわけではなく、アクティブなものでもないが、画質はいいしプロフェッショナルな撮影。

    が!がが!なんと!!音声がなぜかオーディエンス録音っぽい!!なぜ!!せっかくのプロショット映像なのに!マジ解せん。解せん沼ちゃんですよ。

    商品化が決定してるから同じソースの音声使ったらヤバイからとか?うーむ。

    まあ心を鎮めて見てみれば、オーディエンス録音と言え音が悪いわけでもなく観れないわけでもない。バンドの演奏はラウドだし、一時期と比べたら随分と痩せたリッチーもそこそこ声出てるし。

    選曲は名曲The Answerが時間の都合でカットされたっつーのが残念だが新作を中心にBON JOVIやBEATLES、BRUCE SPRINGSTEENのカバーを交えてる。1stソロからのFather TimeやBallad Of Youth、2ndからも聴きたい曲はまだあるが新作のプロモーションツアーだからまあ仕方ないか。初期曲はキーが高くて歌えないってのもあるみたいだし。

    ってかBON JOVIのWho Says You Can't Go Homeをやってるけどこれって今や「最近のBON JOVIの代表曲」的な扱いになってんのかなあ。俺この曲嫌いだからリッチーのソロライブでまで定番化されるのはあんま嬉しくないんだけども。

    リッチーの歌はここゼロ年代に入った頃から衰えまくりでかつてのパワーは見る影もなくなってしまった。若い頃のリッチーは声のパワーと節回しのウマさがカッコよかったけれど、音程に関しては上ずりグセがあって(ギターでも音程上ずるから耳の問題だったりするんだろか)、「ええ声しとるが時々ハズす」人だった。最近は音域が狭まると同時にパワーも失われてしまったのでそういう力技が通用しなくなってしまって時々(特にBON JOVIのライブにおいて)寂しさを感じてしまう。このライブでも時々音程が甘くなってて力押しで乗り切ることもできない場面も多い。

    が、こうして単独ライブの映像を観るとやはり声に魅力がある人だし気持ちよさそうに歌って手ギターも弾きまくりで老け込んだ印象はあまりなく、セレブぶって都会的なポップセンスをアピールするジョン・ボン・ジョヴィに対して素直に土着的なルーツを等身大に楽しむリッチーの魅力がストレートに伝わってくる。だからこそ、音声もちゃんとした商品で(いやもちろんライブで)観たいなあ。

    この日のライブじゃないけど新作AFTERMATH OF THE LOWDOWN収録のSeven Years Gone。名曲。


    | 音楽 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fantomas.kill.jp/trackback/928582
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ