Everything's Ruined

また息切れしたブログ
ハイトーン
0

    昨日気づかされたんですが、養護学校教員免許持ってることでおなじみのm.c. A・Tこと富樫明生さんとGalneryusの小野正利さんの声って同一人物の可能性を疑うほど似てますよね。



    富樫明生さん


    小野正利さん



    それだけです!

    | 音楽 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Dillinger Escape Plan feat. Mike Patton 2002-12-31 Great American Music Hall, SF, CA
    0

      某サイトにて2002年12月31日サンフランシスコでのThe Dillinger Escape Plan Feat. Mike Pattonのライブ映像がマスタークォリティでアップされていた。DEP feat. Patton、つまりDeppatton(デッパットン)のあのEPは俺にとっていまだ21世紀最高のエクストリームミュージックであるというのはことあるごとに、いやなくても発作のように繰り返し言ってるので皆さんうるせーと思ってるんじゃないかしら。思え!思いやがれ!

       

       

      エクストリームでカオティックな曲・演奏ながらパットンがめちゃめちゃポップに仕立てあげるというお互いがガッチリ噛みあった名コラボ。このEP以降ポップ方面にも志向を強めるD.E.P.だが、このコラボがその方向性に大きな影響を与えたのは間違いない。で、このメンツでのライブ映像としてはJello Biafra with Melvinsと共演した2002年大晦日のものが有名だった。

       

       

      今youtubeに残っているのはこの通り、2002年というわりに画質音質どちらも良くない。去年ぐらいまではVersion 2と題されたはるかに画質がクリアで音もサウンドボードと思われる(パットンのサンプリングが左右チャンネルに分かれているのがハッキリわかるので)素晴らしい映像もあったんだが、気が付いたら消えていた。その映像はダウンロードして音声のみ抽出してウォークマンに入れて楽しんでいたが、そのマスターがついにシェアされたわけだ。youtubeからダウンロードしたのは所詮360pの映像だし音声と映像合わせても180MB程度の小さなものだったので、DVDクォリティで楽しめるようになったのは本当にありがたい。有名なパットンコレクター氏が放出してくださったもので、もうカナダには足を向けて寝られない。カナダの人なのかはわからんけど。

       

      youtubeにアップされていた映像では欠けていたオープニングのMalpracticeの前半が音声だけとはいえしっかり収録されているのもサイコーである。パットン作曲のFAITH NO MOREの曲なんだけどDEPとやるならこれがいいよね。FNMではあまりやってくれない曲であるが、恐らくFNMよりDEPの方がカッコよく演奏できるのではないかしら。バンドの演奏とパットンのサンプリングの分離がハッキリしてるので、ヴォカリゼーション以外のサウンド面でのパットンの貢献もわかりやすくて面白い。EPの曲4曲やってラストは当時大ヒットしていたジャスティン・ティンバーレイクのカバー。「次の曲は真のメタラーに捧げる!Falseメタラーのためじゃないぞ!」と言ってこの曲に入るのが非常にパットンらしいです。そして全般的にクリス・ペニーのドラムのかっこよさがよくわかるライブでもあります。

       

      というわけで久々のブログ更新は俺こんなのゲットしたぜ自慢でした。そろそろイングヴェイ関連の秘蔵音源・映像とかもどっかから出てこないかなー。

       

      | 音楽 | 15:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      2015 Best 15 Albums
      0
        映画に続いて音楽の年間ベストを深夜にこっそり更新でございます。今年はイングヴェイの6年ぶり1回こっきりのライブ当日に息子が生まれるわFAITH NO MOREが18年ぶりに新作出して来日ちゃうわ来日公演では満足できず妻子を置いてカナダまで彼らのライブを観に行くわ(ライブレポ書こうとしたけど長くなり過ぎて収集つかなくなって放置しっぱなし)で音楽人生の集大成みたいな1年になりました。が、オッサンなので新作を積極的に聴けず、ほとんどブート音源ばっか聴いてました。新譜に関しては今年の分母は100枚ぐらいなんじゃないかしら。

        1. Garden Of Delete / ONEOHTRIX POINT NEVER
        去年のBen Frostに続き、「メタルじゃないけどメタルのカタルシスたっぷり」のアルバム。洗練とは対極のベタな音の連なりと音色のアタックの強さとドラマ性が非常にメタルっぽい。FAITH NO MOREのコピバンをしていた姉とMTVのヘッドバンガーズボールを観て育ったというバイオに思わず膝を打つアルバムです。まあそういう背景抜きにしても単純にいいよ。ライブも良かったしね。


        2. Sol Invictus / FAITH NO MORE
        Matadorを皮切りに次々とライブで披露される新曲群がことごとく地味でまったく期待してなかったんですが、いざリリースされてみるとその地味さにこそ味わいが濃縮されていて聴いても聴いても飽きないアルバムになってました。「10代向けのアルバムなんか作りたくなかった」という言葉通り、大人の性格の悪さがたっぷりと詰まってます。


        3. Sound & Colour / ALABAMA SHAKES
        ツェッペリンやクリムゾンのようなハードロッキンなところもあり、ソウルフルだしロマンチックでもある。たまらんカッコよさ。


        4. The Epic / KAMASI WASHINGTON
        とにかく長いけどスリリングなパートも沢山あってお子様な俺でも楽しめる。こういうの聴いてると、サックスとピアノじゃなくてへヴィなギターでこれをやってくれないかなあと思ってしまう。要はイングヴェイとイェンス・ヨハンソンでこういうのやって欲しいなってことなんすけどね。このライブ映像、ステージ上に何人いるのかわかんないけどめっちゃカッコイイです。コーラスの入れ方がなんか60年代〜70年代の映画っぽい。


        5.Infinite / POWERMAD
        年末に聴いてテンション上がってしまったのでこの位置に入れてしまった。80年代後半のスラッシュ/パワーメタルバンドのまさかの新作です。後にTNTやRIOTやイングヴェイバンドで微妙なプレイを残し、ARKで素晴らしいプレイを聴かせてくれたジョン・マカルーソが在籍していたことで知られ、なぜかデヴィッド・リンチ監督のワイルド・アット・ハートにも出演していたバンドです。当時よりも荒々しくスラッシュ色の強い作風でベースの音もえげつない。今年の回春王ナンバー1です。


        6. 裏現 / COHOL
        激情ハードコアにブラックメタル的要素を取り込みつつキャッチーな展開。アタマでっかちではなく衝動性もたっぷり。ライブの激エモMCを聴けばガチさがわかると思います。


        7. Sistere / IZAH
        ISISとかNEUROSISとかCULT OF LUNAとかその辺の名前が浮かんでくるアトモスフェリック・スラッジ。際立った個性はないものの、美メロ込みのドラマ性がなかなか素晴らしい。


        8. Win Hands Down / ARMORED SAINT
        今年の回春王その2。リズムへの意識が過去より強くなっててラテンの血を感じたりするところもある。オッサンたちならではの引き出しの多さを見せつつレイドバックしすぎることなく肉体に訴えかけるカッコよさを維持しているとこがイイネ。


        9. Stormcrow / CAIN’S OFFERING
        キーボードにイェンス・ヨハンソンが加入してしまったもんだから余計にSTRATOVARIUSとの区別がつきにくくなってしまったけどこっちの方がストレートな感じ。クサクサになりきらずどこか抑制の聴いたメロがいいですね。


        10. Apex Predator -Easy Meat- / NAPALM DEATH
        ベテランなんで今更何か新しく語りたいところがあるわけじゃないんですけど安心のカッコよさでした。


        11. To Pimp A Butterfly / KENDRICK LAMAR


        12. Pylon / KILLING JOKE


        13. Skid Row / JAMES FERRARO


        14. New Bermuda / DEAFHEAVEN


        15. Viet Cong / VIET CONG


        あとよく聴いたのはGODSPEED YOU! BLACK EMPEROR, KAMELOT, LEPROUS, PANOPTICON, REFUSED, SUFJAN STEVENS, SUN KIL MOON, TYGRAN HAMASYANあたりかなー。
        | 音楽 | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        2014 Best 21 Albums
        0

          あけましておめでとうございます!正月飽きたよ!録りためた映画観るかこういうの書いてヒマ潰すしかないよ!

          クロスビートに寄稿したのにメタル以外を付け足し&軽く入れ替え。自分から探すというより話題になってんのをつまみ食いっつー受動的な姿勢なのはここ数年変わらず。


           

           

           

          1. Aurora / BEN FROST 

          反復リズムのトランス感と激しく美しいエレクトロノイズの波によってもたらされるカタルシスが非常にメタル的でかっちょよかった!ライブも良かったんだけどグレゴリー・フォックスとかを連れたバンド編成で観たかった!

          ってかTIM HECKERと共演ライブやってんのかよ!手前の後ろ姿はシャザードかな?



          2. Becs / FENNESZ

          こちらもエレクトロノイズがステキ。BEN FROSTが終末感漂わせているのに対してこちらはもう少し甘美な感じ。甘美でいながら粒子の厚みに押しつぶされそうな圧迫感がめっちゃかっこいい。来日行けなかったんだよなあ…。


          3. To Be Kind / SWANS
          サウンドの形態抜きにして圧倒的なドゥーム、ジャンク感。音楽というより儀式。音圧はなくともその空気の重さがすごい。でも長い。1月のライブ楽しみ。でも体力不安。

           

          4. Benji / SUN KIL MOON

          ヒネクレた男のシミッタレフォーク。いいよねコレ。

           

          5. Once More 'Round The Sun / MASTODON
          前作微妙過ぎたけど盛り返したね。小刻みな展開や足回りの良さがいい。



          6. Mama / ENDON
          ブラックメタリックなノイズ。過激さと所々に挟まれる叙情性のおかげでおじちゃんでも大丈夫。


          7. Faith In Strangers / ANDY STOTT
          アンビエントだけど徹底的にダークでビートが強いのでわかりやすくかっちょよい。


          8. Desideratum / ANAAL NATHRAKH
          EDMの触感取り入れてさらにキャッチーになった感じ。キチガイ度は高まってないけどやっぱすげえ。


          9. Better Days Comin’ / WINGER
          正直前作ほど良くはないんだけど4曲目以降が素晴らしい。ってか1曲目と3曲目がイマイチだったのが印象を悪くしてるような。


          10. Citadel / NE OBLIVISCARIS
          歌劇っぽいブラックメタル。緩急うまくつけてくれるので飽きずに聴ける。


          11. Ryan Adams / RYAN ADAMS
          相変わらずシミッタレだけど大人の成熟を漂わせるようになった気がする。でも歌もギターも曲もやっぱりシンミリいいです。


          12. Spellbound - Live In Tampa / YNGWIE MALMSTEEN
          コレ良くない?良くないコレ?Rising Forceの歌い出しのダードゥドゥダーデーとDemon Driverのキメのドラムのミスとかあるけどもバンドの演奏もイングヴェイのギターもいいしドゥギー期の楽曲が意外といいしで。


          13. Xen / ARCA 
          最近も良く聞いてるのに入れるの忘れてた!最初は&&&&&の方がいいなーと思ってたんだけどなんだかんだで良く聞いた。何が新しいのかはわからんけどところどころのバキバキ感カッコイイよ。


          14. Distant Satellite / ANATHEMA 

          こちらもWINGERと同じく前作と比べたらイマイチだけどやっぱいいよね。1曲目の後半ストリングス入ってくるところで思わず「ひあーん!」てなる。


          15. Easy Pain / YOUNG WIDOWS

          音に性格の悪さが滲み出てる感じがたまらない。ジャンク!


          16. Geocidal / TETEMA

          正直期待は越えなかったけどまあまあ。


           

           

           

          以下息切れ

          17. The Singularity / SCAR SYMMETRY
          18. Babymetal / BABYMETAL
          19. Locus / CHICAGO UNDERGROUND DUO
          20. Freezing Opening Thawing / SHACKLETON
          21. Roads To The North / PANOPTICON

          他良く聴いてたやつ。AtoZ。
          The Joy Of Motion / ANIMALS AS LEADERS
          TURN BLUE / THE BLACK KEYS
          Grand Morbid Funeral / BLOODBATH
          Crosses / CROSSES
          Black Messiah / D'ANGELO
          Renatus / DYNAZTY
          The Quantum Enigma / EPICA
          You're Dead! / FLYING LOTUS
          Cooking With Pagans / FREAK KITCHEN
          Heroes + Misfits / KRIS BOWERS
          LOVE LETTERS / METRONOMY
          Modern Vintage / SIXX:A.M.
          Aura / SAOR
          TIME TRAVELERS & BONFIRES / SEVENDUST
          Heathen / THOU
          HYDRA / WITHIN TEMPTATION
          WITH LIGHT & WITH LOVE / WOODS
          | 音楽 | 20:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          上半期BEST
          0
            MEDIA GOに入ってた2014年リリースのアルバムは116枚でした。そん中からよく聴いてたのをアルファベット順に。

            DISTANT SATELLITES / ANATHEMA
            狭い穴から見える風景はとてつもなくでかかった。


            BABYMETAL / BABYMETAL
            メタルへの批評的な視座持って色々ぶっ込んだ上にアイドルっつー飛び道具使って徹底した異形のバブルガムポップに仕上げてるの単純にすごい。


            TURN BLUE / THE BLACK KEYS
            ロケンローブギー感後退してめっちゃムーディーになっとるとこ好み。


            BECS / CHRISTIAN FENNEZ
            ノイズの粒子にずぶずぶ飲まれていくの最高に気持ちええ。
            パラス・アテネという曲があるのでクワトロ大尉に聞いてほしいです。


            CROSSES / CROSSES
            チノ・モレノとダークなエレクトロの相性がすこぶる良かった。


            HEROES + MISFITS / KRIS BOWERS
            レコ屋で聴いた印象よりアルバムはジャズだったけどメタルおじさんにもわかるスリルがございました。
            アルバムに入ってないけどこのケンドリック・ラマーのカバー好きなんだよなー。


            THE HUNTING PARTY / LINKIN PARK
            今回いい曲多いネ。


            ONCE MORE 'ROUND THE SUN / MASTODON
            前作がゲンナリな出来だったけど今回は小回りの利いたカッコよさが戻ってきてる。


            FREEZING OPENING THAWING / SHACKLETON
            この曲の3:50ぐらいからのシンセ音にマック赤坂を感じる。


            BENJI / SUN KIL MOON
            家族愛を抑えきれないフォーク。


            BETTER DAYS COMIN' / WINGER
            ヤンキーにバカにされても自分を見失わないガリ勉君の意地。


            EASY PAIN / YOUNG WIDOWS
            音に性格の悪さが滲み出てる感じがたまらないです。ジャンク!


            他に再生回数が多かったのは以下のアルバム。
            LOVE LETTERS / METRONOMY
            LOUDER THAN EVER / PRETTY MAIDS
            TIME TRAVELERS & BONFIRES / SEVENDUST
            HYDRA / WITHIN TEMPTATION
            WITH LIGHT & WITH LOVE / WOODS

             
            | 音楽 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2013 Best 20 Albums
            0
              2013年に良く聴いてたアルバムです。アナログばっかりじゃないんだからっ!

              1. Avatarium / AVATARIUM
              ドゥームに北欧フォーキーなアレンジを施すのはまだしも、そこに乗るのが女性ヴォーカルってのがありそうでなかった美味しさでした。




              2. Virgins / TIM HECKER
              厳かで鋭利なピアノと暗く重いノイズに押しつぶされそうでたまらん。ビッグバンからビッグクランチまでを50分でまとめた感じ。ジャケは女性器を模してるんですかねと思ったんですが多分違います。




              3. Meir / KVELAERTAK
              ブラッケンドとか言わずとも普通にかっちょいい北欧ロックンロール。めんどくさがらずライブ行っとけば良かった後悔大賞。ヴォーカル役の子どもの顔がムカつくのがナイス。




              4. Ænigma / IN VAIN
              多重ヴォーカルが印象的なプログレブラックだけど、とにかくうねるように畳み掛けてくるメロの煽情力がたまらん。安定のイェンス・ボグレンもの。




              5. Memorial / RUSSIAN CIRCLES
              もはや様式化してるけども美味しいことには変わりない一作。36分つー長さと中盤に配された一瞬雲の切れ目から日がのぞくような場面転換が効果的でアルバム通してのドラマ性がおじさんの心をくすぐる。




              6. Shaking The Habitual / THE KNIFE
              常に不穏さを湛えててかっちょいい。スローな曲になるとNEUROSIS的な雰囲気も感じる。19分のドローンのときはお風呂に行ってくるとちょうどいいです。




              7. Live / SBTRKT
              スタジオ音源よりこっちの方が生バンドによるオーガニックさが増してて好きなんよね。




              8. Obsidian / BATHS
              ライブ観たら実はメタル探偵出動しちゃうような性急な隙間埋めビートとキモヲタの暑苦しい裏声シャウトであったことがわかって大好きになりました。




              9. Sunbather / DEAFHEAVEN
              ポジショニングが2013年のマイケミみたいになっちゃってて今一番好きと言いにくいバンドですが好きです。は、はつらいにち観てるんだからっ!




              10. The Dream Calls For BLood / DEATH ANGEL 
              ONSLAUGHTも良かったけどこっちの方がやっぱアメリカンな跳ねっぷりがあって好きだなあ。


              http://www.youtube.com/watch?v=xdIoQz7SFUM

              11.Yeezus / KANYE WEST
              クロワッサン




              12.R Plus Seven / ONEOTHRIX POINT NEVER
              教会の祭壇の下にある入口から乗り込んだらワープ中の宇宙船だったみたいな音が良かった。Americansていう曲の動画貼ろうと思ったのになかった。




              13. Nemesis / STRATOVARIUS 
              首謀者が抜けてどんどんいいバンドになっていくのが嬉しい。




              14. Amok / ATOMS FOR PEACE  
              15. Overgrown / JAMES BLAKE  
              16. One One One / SHINING
              17. Shades Of Grey / AMORPHIS  
              18. Vertikal / CULT OF LUNA   
              19. Hesitation Marks / NINE INCH NAILS   
              20. Thr!!!er / !!!


              他に良く聴いたのはDGM, CARCASS, ENFORCER, MERCENARY, SIGUR ROS, FOALS, PELICAN, MARK LANEGANあたり。FOREST SWORDSはまだ聴けてない。
              | 音楽 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              味わいレコード店
              0


                伊豆で通りかかった趣のある(元)レコード屋さん。一体どんなの売ってたんだろか。

                んでもって京都でも見かけた元レコード屋さん。


                そしてまだまだやってたレコード屋さん。お客さんと店長が「あと10年したらうちらどっちも死んでるから!」と笑ってたのが印象的でした。
                | 音楽 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                BJORK来日決定。
                0
                  http://rocketnews24.com/2013/05/23/331956/

                  キャパ800人の会場でチケット代22000円ですって!

                  こないだもGUNSの17000円なんてのがあったけど、個人的にはこういう方式のライブは賛成。近いとこで観たいし。とか言いつつBJORKは行かないと思います。

                  で、今朝ちょうど掟ポルシェセンパイがCARCASSツイートの中にBJORKネタを混ぜてらっしゃった。そういえばあったね、IsobelのCARCASS Remix。BJORKもジェフ・ウォーカーズも気に入ってないらしいが、確かにデスメタルやCARCASS云々というよりもなんか陳腐なグランジヴァージョンのように聞こえる。


                  その反省を活かしたのかMEDULLA収録のWhere Is The Line(元々マイク・パットンが参加してる)のFANTOMAS RemixはリミックスというよりもFANTOMASの曲にBJORKをサンプリングしたかのようにFANTOMASスタイルに改変されまくっててカッコいい。



                  で、BJORK来日も5年ぶりですがパットン先生の来日もかれこれ2005年を最後にないんですけど、なんかないですかねえ・・・ でも今アクティブなのはTOMAHAWKかあ・・・ 
                  | 音楽 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  Highlights In La / RICHIE SAMBORA (DVD)
                  0
                     

                    久しぶりにブートDVDを買いました。

                    ■Highlights In LA / RICHIE SAMBORA
                    2012年11月13日のLA公演をプロショットで収録したDVDでBURRN!誌でもレポートされていた日の映像。撮影していたということでテレビ放送されたのかわからないが、開演前の様子から臨場感たっぷりに収録されている。カメラワークは凝っているわけではなく、アクティブなものでもないが、画質はいいしプロフェッショナルな撮影。

                    が!がが!なんと!!音声がなぜかオーディエンス録音っぽい!!なぜ!!せっかくのプロショット映像なのに!マジ解せん。解せん沼ちゃんですよ。

                    商品化が決定してるから同じソースの音声使ったらヤバイからとか?うーむ。

                    まあ心を鎮めて見てみれば、オーディエンス録音と言え音が悪いわけでもなく観れないわけでもない。バンドの演奏はラウドだし、一時期と比べたら随分と痩せたリッチーもそこそこ声出てるし。

                    選曲は名曲The Answerが時間の都合でカットされたっつーのが残念だが新作を中心にBON JOVIやBEATLES、BRUCE SPRINGSTEENのカバーを交えてる。1stソロからのFather TimeやBallad Of Youth、2ndからも聴きたい曲はまだあるが新作のプロモーションツアーだからまあ仕方ないか。初期曲はキーが高くて歌えないってのもあるみたいだし。

                    ってかBON JOVIのWho Says You Can't Go Homeをやってるけどこれって今や「最近のBON JOVIの代表曲」的な扱いになってんのかなあ。俺この曲嫌いだからリッチーのソロライブでまで定番化されるのはあんま嬉しくないんだけども。

                    リッチーの歌はここゼロ年代に入った頃から衰えまくりでかつてのパワーは見る影もなくなってしまった。若い頃のリッチーは声のパワーと節回しのウマさがカッコよかったけれど、音程に関しては上ずりグセがあって(ギターでも音程上ずるから耳の問題だったりするんだろか)、「ええ声しとるが時々ハズす」人だった。最近は音域が狭まると同時にパワーも失われてしまったのでそういう力技が通用しなくなってしまって時々(特にBON JOVIのライブにおいて)寂しさを感じてしまう。このライブでも時々音程が甘くなってて力押しで乗り切ることもできない場面も多い。

                    が、こうして単独ライブの映像を観るとやはり声に魅力がある人だし気持ちよさそうに歌って手ギターも弾きまくりで老け込んだ印象はあまりなく、セレブぶって都会的なポップセンスをアピールするジョン・ボン・ジョヴィに対して素直に土着的なルーツを等身大に楽しむリッチーの魅力がストレートに伝わってくる。だからこそ、音声もちゃんとした商品で(いやもちろんライブで)観たいなあ。

                    この日のライブじゃないけど新作AFTERMATH OF THE LOWDOWN収録のSeven Years Gone。名曲。


                    | 音楽 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    BON JOVIの新曲
                    0
                      BON JOVIの新作発売日が近づく中、バンドはツアー開始(初日は大雪のため中止になってたけど)。新曲もぽちぽちネットに上がり始めました。おっちゃんは「ちゃんと発売されるまで待つ!アルバムとして聴きたいの!」という殊勝な心を持ち合わせていないのですぐyoutubeで聴いちゃいます。

                      1月24日のロンドンでのライブがyoutubeにはフルで上がってたりもするんですが、バンドの演奏に覇気が無さ過ぎてどれ聴いてもあまりピンとこない。コンパクトなポップソングとしてなかなか良さげだったBecause We Canもションボリしちゃってるし。ツアー始まってしばらくしないとやっぱエンジンかかってこなそうです(2日後のシュツットガルト公演は幾分マシだった)。

                      で、Because We Can以外だとWhat About Nowだけはシングル発売間近だからかスタジオ音源が上がってますね。これは元々アメリカで放映された「ジョン・ボン・ジョヴィのお宅拝見」みたいな番組でジョンのスタジオでの録音風景が30秒ほど流れてた曲。なかなかサビメロが良さげだったので期待してたんですがスタジオ録音もしっとりと哀メロの染みる佳曲として出来上がってるっぽい。

                       

                      ええな。歌詞は相変わらず前を向いて今からやってこうぜみたいな前向きソングですけど能天気ではなく辛い過去があったからこそみたいな雰囲気を纏ってるのがさすがであります。 これでアルバムにアップテンポなロックソングがいくつかあったらいいんだけどな。
                      | 音楽 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ