Everything's Ruined

また息切れしたブログ
2020年9月17日
0

    ■今日はエアコン無し職場だったが、さすがに涼しかった。明日は暑いらしいがお休みなので問題ないぜ!しかし!せっかく明日休みなのにも関わらず、TENETを予約するのを忘れていた…。夕方慌ててとしまえんと立川ららぽーとのIMAXをチェックするも、前の端っこしか空いてなかった。仕方ない月曜に行くかーと思ったら月曜祝日じゃねえか!なんだよ!まあ取れたら行こう。

     

    ■帰りに昨日満タンになったスタンプカードを使うべくHMVに寄って帰宅。

     

    ■ヤクルト連勝しましたね。いつ以来だ!

     

    ■夜はゆっくりレコードを聴いた。プログレのUKのライブ盤、めっちゃいいな。UKはハードロック寄りだから聴ける。イングヴェイもカバーしてたし(これが一番)。で、ゆっくりしながらまたオークションで買ってしまうという永久機関…。

     

     

    | diary | 00:08 | comments(0) | - | - | - |
    Daughters
    0

      Image with no description

       

      本日はこのたびめでたくアナログ再発されたDaughtersの名盤!

      このアルバム、再発は2度目でして、オリジナルが2010年、最初の再発が2013年。2010年はまだアナログで聴いてなかったし、2013年の頃はまだこの手の音楽をアナログで聴くという発想もなく、「そういやDaughtersのアナログって…」と気づいたときにはオリジナルも再発盤も高いのが当たり前、そもそも滅多に出てこない代物となっていたのでした。しかも検索しにくいんだよねこのバンド。このアルバムなんてセルフタイトルだしさ。

      今回は3種類のカラーヴァイナル(Blue / Black Swirl200枚、Black/White Swirl300枚、White/Black Swirl500枚)と通常黒盤800枚、合計1800枚の再発で7月末にプレオーダーがあったんですが、時間ピッタリにショップのサイトにアクセスし、レコードをカートに入れてTシャツも買おうかなーなんて他のアイテムを見てるうちにみるみるサーバーが重くなってやべえやべえと焦っているうちにカラーヴァイナルは消え、泣きそうになりながら、いやこのジャケのように泣きながらなんとかギリで黒盤をオーダー…。真夏の夜の悪夢のような出来事でした。このアルバムの前作Hell Songも同時に再発されたんですが、こちらは2017年に再発があったばかりで売れるスピードが遅かったのか、500枚限定のカラーヴァイナルをオーダーすることができました(別ショップだったからまだ届いていない)。

      ちなみにこのバンド、2007年のIndependence-Dというフェスの「V系とメタルの日」に出演してんだよね。同日に出演していたのがPlastioc TreeとかMerryのV系、Bleeding Through、Balzac、Chthonic、Galneryus、Jurassic Jade、I Killed The Prom Queen、Head Phone President…となんとも壮絶ですね。どのバンドもキャラが立ちまくってた楽しいフェスだったんだよなあ。で、このDaughtersはステージから降りてきて唾飛ばしまくるヴォーカルのキモさとバンドの演奏のガチっぷりの対極性がめっちゃカッコよくてやられ、2010年に出たこのアルバムにどハマりしたんですよね。2018年の再結成作と同じく不協和音を織り込んだ反復リフとヘナヘナヴォーカルのアジテーションで踊らせる異形のマスコアって感じで大好きです。

      しかし、再発盤を手に入れて喜べるのは刹那…オリジナル盤への憧れがより強固になるのです。自分の欲望に恐怖しつつがんばって生きていくぜ…。
       

      | アナログレコード、Vinyl | 22:30 | comments(0) | - | - | - |
      2020年9月16日
      0

        ■DiscogsのMy Collectionに登録しておくと、Excelで見れるcsvファイルとしてダウンロードできるんですが、Notesのところもちゃんと独立した列になってるんですね。俺はこのNotesのところに購入価格を入力しておくんですが、「それ、sumで合計したら年間いくら使ってるかわかるじゃん」と言われ、ビクビクしながらやってみたんですよね… 

         

        書けません!!とりあえず今日までの購入枚数は252枚でした。1日1枚ペースか…。

         

        去年のも計算してみたんですけど去年1年間の購入金額を9月の時点で上回ってしまいました。これはコロナのせいだな…。

         

        ■帰ってきて俺の好きな「家、ついて行ってイイですか」のスペシャルをやっていたので野球も見ずに全部見てしまった。久々に勝ちましたね、ヤクルト。

         

         

        | diary | 22:16 | comments(0) | - | - | - |
        踊ってばかりの国
        0

          Image with no description

           

          すごく好きなアルバムなのは間違いないんですが、税込み4950円は高い…ダメだ…と思って予約はせず。しかしいざ発売日になって入荷するとやっぱり欲しくなり、欲しくなったら探すよね、理由。で、そうだ、Wスタンプデーなら言い訳になるんじゃないかと。HMVのスタンプカードはWスタンプデーを狙い撃ちして使えば還元率6.6666%。金額にすれば366円ぐらいになる。そしたら税抜き価格は4150円ぐらい?あれ?なんか大分印象変わってきたね?買っちゃおうかね?俺理由探しの天才だね?と仕事帰りにHMVへ向かったのでした。

           

          で、一応盤を確保した後に「本日の入荷分」をチェックしてたんですが、ふと目線を上げるとこんな掲示が!!

           

          Image with no description

           

          なんだと!!!!!!

           

          俺の購入いや生きる理由であるWスタンプデーが終了だと!!!!しかもスタンプの還元率、下がってるじゃん!!!

           

          ここで凡人なら「んじゃ買わない」となるんですが、俺は天才なのでそんぐらいで買うのをやめたりしません。天才には天才の思考があります。「やっぱりコロナの影響でHMVも経営が苦しくなったのではないか。せっかくのわが町吉祥寺のレコード屋さんが潰れてしまっては困る。応援しなくちゃ!」そう考えたのでした。

           

          いやこれ音いいですね。空間を感じるし歌がまっすぐ前に出てくる感じが凄くいい。あーやっぱ買って良かった!行くぜ光の中へ!!

          | アナログレコード、Vinyl | 22:01 | comments(0) | - | - | - |
          2020年9月15日
          0

            ■今日結婚記念日だったのを今思い出したぞ…8回目?毎年人んちの結婚記念日ポストを見て「あ、うちも結婚記念日あるの忘れてた…先月だった…」と思い出していたが、今年はちゃんと当日に思い出したぞ!

             

            ちなみに俺の母親の誕生日に籍を入れたんだが(こう書くとめっちゃマザコンエピソードっぽいが、奥さんが「覚えやすいじゃん」て言うからその日にしたんだからっ!)、肝心のその母親がその後ひと月も経たないうちに死んじゃったので死者の誕生日の記憶とともに結婚記念日も忘れ去られていったのだ…。しょうがない…。

             

            そういうタイミングでの入籍だったので、地元の友達には母親の葬式で結婚報告になり、「え、え、え、おめでとう、いや、こんなときにおめでとうって言っていいの?」と困られました。

             

            ■今日は珍しく1時間ほど残業だった。朝の通勤時に水は海に向かって流れるを読み、帰りに子どもはわかってあげないを読み返すという田島列島デーでした。ってか映画化されるのか!

            | diary | 22:47 | comments(0) | - | - | - |
            Faith No Moreの12インチシングルたち。
            0

              Image with no description

               

              アナログレコードの音の魅力を最大限味わえるフォーマット、それは45回転の12インチのはずだ!ということで、Faith No Moreの12インチシングルをちょぼちょぼ集めています。

              アルバムで聴き慣れた曲も45回転の12インチで聴くと明瞭さとキレと迫力が段違いで素晴らしく、あれもこれも買いたくなってしまいます。ちなみにシングル以外にも、発売はされてないけどラジオDJ用に出回ってるプロモ盤12インチもあって、Angel Dustの中で一番好きなEverything's Ruined(中段右端)もそう。片面につき1曲しか収録されていないので溝の使い方が贅沢で音圧・音量はかなりのもの。普通にアルバム聞いてたままのボリュームで再生すると大音量にビビります。

              Image with no description

              ただしこのEverything's Ruined、きちんと発売された他の盤と比べると若干マスタリング?カッティング?が雑な印象だったりも。迫力は物凄いんだけどゴリッゴリ過ぎるしシンバルの処理もちょっと耳に障るので、聴感上の心地良さは33回転のアルバムで聴く方が上というか。そのあたりは商品化されているものとされてないものの違いなのかたまたまなのか…。これは確かめなくてはいけないですねえ…。やれやれ、まーた使命を与えられてしまった!他のプロモ盤も色々買ってみなくては!

              | アナログレコード、Vinyl | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
              2020年9月14日
              0

                ■半年ぶり?それ以上ぶりに奥さんと2人で昼メシを食べました。今シーズン最後かなーと思って冷製パスタ。

                 

                元々共通の趣味とか話題が一切ない夫婦なので、ひたすら子供の話をしていた。それが共通の趣味・話題か。

                 

                コロナ以降髪は奥さんに切ってもらってるんですが、今回切り終わったときの一言は「ま、いっか、あたしの頭じゃないし…」でした。

                | diary | 22:12 | comments(0) | - | - | - |
                Cacophony、The Wildhearts
                0

                  Image with no description

                   

                  すっかり涼しくなって、セミの鳴き声も減ってきましたね。夏の終わりの寂しさに耐えきれないときはレコードを買うしかない。本日はCacophonyとThe Wildheartsです。

                  ■マーティ・フリードマンとジェイソン・ベッカーのCacophonyは、ちょっと前まで500円で沢山落ちていたのに気が付いたら値段が上がっていてなかなか買えなかったパターン。ようやく安く落ちてたので慌てて購入しました。ラッキーなことにRoadRunner盤ではなくShrapnel盤。イーヴォーでビースティなヴォーカルが邪魔っちゃ邪魔なんですが、この時代ならではのB級臭さが強調されて最近は割とアリに感じるようになってきました。また、マーティとジェイソンは正統派メタルやってもかなりアクの強いメロや展開をゲシゲシ入れてくるので「ウェルメイドからは程遠いが迫力満点」て感じでとってもオタク好み。

                  ■The Wildheartsの1stと3rdは、3rdが「レーベルズレにより、A面ラス曲の最後にノイズが乗る」というワケあり盤。そのおかげかかなりの高額盤である1stとの2枚セットで破格の安さで買えました。と言っても2枚とも相場は(特に1stが)超お高いのでそれなりのお値段ではあります。

                  果たしてそのレーベルズレとはどの程度の物なのか、ドキドキしながら開けてみると、あーーーこれはズレてるし破れてる。しかしA面4曲目は俺は特に好きではないIn Like Flynn、しかもノイズが乗るのは曲が終わって曲間繋ぎのSEみたいなところ数秒なので聴いててぜんっぜん問題ナシ(針には良くないかもしれんけど)。

                  Image with no description

                   

                  ちなみに今まで買ったレコードで一番酷いレーベル貼りミスはVio-Lenceの2ndです。2枚重なってた。

                  Image with no description

                   

                  こちらは音に影響ないのでやっぱ今回のワイハの方が酷いか。

                  リアルタイムではWildheartsってそんな好きじゃなかったんですよ。彼らの音楽ってBeatlesが引き合いに出されるようなポップなメロディーが満載ですけど、そこに哀愁とか泣きってないじゃん?そのせいであまりグッっと来なかったしMetallicaやSlayerが引き合いに出されていてもロケンロー色が強かったせいかそんなに激しくも感じずで。しかし音楽嗜好の近い人から作ってもらったお好みCDRであるとかを聞いてるうちに少しずつ耐性(という言い方は悪いな)ができて、展開であるとかそのポップなメロを素直に楽しめるようになり、これはいいなアナログ買うかと思ったときには高くて買えずのパターンなのでありました。

                  そんなわけで今回安く買えたのはホントにラッキー。どちらもAlsdolf刻印アリで、特にFishing For Luckiesの音がとってもいいです。ただし、アナログ用に曲順が入れ替わってる上に「何面にどの曲が入ってるか」みたいな記載がジャケにも盤にもないので不親切盤ではあります。まあいい曲ばっかなのでいいんですけど。

                  1stのLoveshitのギターソロって音色のせいかManic Street PreachersのYou Love Usを思い出すな。

                  | アナログレコード、Vinyl | 22:10 | comments(0) | - | - | - |
                  2020年9月13日
                  0

                    ■昨日の焼肉がよっぽど美味しかったのか、今朝寝ぼけながら「お父さん…また昨日の焼肉…行こうね…」と言ってたし、チャリで出かけて店の前通ったときもまた「また来ようね!」と言っていた。息子の好きなものが増える瞬間の顔を見れるのは親として一番幸せな瞬間である…というのはあくまで「その対象が親も好きなもの」のときに限るというか、youtubeに大量にあるビデオドラッグみたいな映像に興味を持たれると「やめてくれ!」と思うし繰り返し再生されると「こ、こ、こ、こんなもん見るなあ!」と言いたくなってしまったりもします。

                     

                    今日チャリで一緒に走ってるときに俺の乗る自転車がもう古いという話になり(10年以上乗ってる)、「色もさ、最初はこんな汚れてなくてもっとキレイな緑だったんだよ」と言ったら「そんなことないよ!今でもすごくキレイな緑だよ!」と立ち漕ぎで褒めてくれました。

                     

                    めっちゃ涼しくて、セミの声も随分減ってきていて今日は手の届くところにセミが一匹もおらず、夏の終わりの寂しさとは…みたいな話をしました。

                     

                    ■夜は「はちどり」を見に行きました。昼寝してから行ったからか全然長く感じなかった。Tシャツとハーフパンツで行ったら行きも帰りもめっちゃ寒かった。秋だなあ…(でもエアコン無し職場のときは暑くなるんでしょ?どうせ…)

                    | diary | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
                    2020年9月12日
                    0

                      ■息子の人生初焼肉でした。

                      店に向かう道中は「ワクワクが止まらないよ!」と興奮し、食べ始めてからも「まだワクワクが止まらないよ!」と喜んでてとても良かった。ひたすらカルビだけ食べてました。 胃が若い…。お父さんはハラミばっかでした。数年ぶりの焼肉、半年ぶりの酒(ウーロンハイ1杯)。

                       

                      で、今日は怒りのデスロードが地上波で放送されてますが、うちのウォーボーイも昔良く見てました。

                      そういや当時映画館で観終わったあと最初に思ったのが「これはいつか息子に見せたい!」だったなあ。

                       

                       

                      | diary | 21:58 | comments(0) | - | - | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ