Everything's Ruined

また息切れしたブログ
2019 Best 15 Albums
0

    インターネッツにかぶれているのでここ数年「年間ベストで打線を組む」というのをやってたんですが、誰も面白がってくれないし盤選以上に打線を組むのがめんどくさいのでもうやめます!俺の負けだよ!

     

    ということで年間ベストです。順位つけてるつもりだったけど途中からは関係なしです。こうして振り返ると2019年はいいアルバムだらけだったなー。かなり楽しい音楽生活でした。

     

    1. H.A.Q.Q. / LITURGY


    前作はやってることの魅力が伝わってこないサウンドプロダクションだったと思うんですが今回はそこをちゃんとクリアしてくれてるし、ハンター・ハント・ヘンドリックス氏のめんどくさそうなパーソナリティだからこその実験精神が魅力として結実しまくってて最高だと思います。アナログ楽器の響きにグリッチかまして高まる緊張感とかカマシ・ワシントンみたいなSF女性コーラスによるモンド的スピリチュアリティとかカタストロフなリフ(65daysofstaticの3rdっぽい)とかすべてがいい。

    https://music.apple.com/jp/album/h-a-q-q/1486945998

     

    2. Replicr / 65daysofstatic

    Aphex Twin meets Mogwaiと呼ばれたのも過去の話、暗黒プログレ期、クラブ仕様期を経て気づけばデビューから15年。新作はアンビエント・ドローンの境地に達しました。尖鋭的なリズムも煽情的なピアノの旋律ももはやないけれど、彼らの最大の魅力であるアポカリプティックな世界観はこのフォーマットに実に相性がいい。派手なアクションや爆発シーンはないけれど静謐かつ厳かに銀河の終わりを描くSF映画のようでこれはこれで凄く好き。

    https://music.apple.com/jp/album/replicr-2019/1481876179

     

    3. Hidden History Of The Human Race / Blood Incantation

    各メディア絶賛、挙句の果てにWilco(本当にあのWilco)までもが年間ベストに選出してたりして逆に挙げづらくなってしまった1枚です。でもそうやって多少斜に構えて聴き直すとやっぱちゃんといいっていうね。困っちゃうね。

     

    宇宙メタルっつーとキーボードが多用されてんのかなって思っちゃいますし今作でもちゃんとmoogが活躍してたりはするんですが、ヴォーカルとギターもスケール感にかなり貢献してる。デスボイスをパーカッシブなアタックではなく邪悪な空気というか包み込むエフェクトのように使っています。ドラムが生音っぽいとこもいいし(おかげで音圧地獄による酸欠にならずにすむ)ギターはスケールの大きさを演出するとともにちゃんとドラマも描いているしアルバム通して無駄なパートがないのでそりゃ絶賛されるわなあと納得。Morbid Angel的でありながらプログレへの憧憬も反映されてるところがステキよね…とか言っといてMorbid AngelってAとBぐらいしかちゃんと聞いたことないんで知ったかぶりですけど!とにかくめっちゃいいアルバムですよホントに。宇宙とかSFっつーと大作志向になりがちですし実際このアルバムにも18分の曲があるんですが、それでもトータル35分ぐらい。そういうとこも素晴らしいじゃありませんか。

    ちなみにこの宇宙人ジャケ、アレック・エンパイアのHypermodern Jazzと同じなんですが、Agonyというバンドも使ってたらしい。フリー素材的なとこからとってきたのかな。

    https://music.apple.com/jp/album/hidden-history-of-the-human-race/1481510602

     

    4. Syntheosis / Waste Of Space Orchestra

    フィンランドのOranssi PazuzuとDark Buddah Risingのメンバーを中心とするアトモスフェリックなスラッジ・ドゥームバンドWaste Of Space Orchestra。サブスクで聴いて思わずアナ注した1枚であります。

    SwansやNeurosis的文脈もありつつ大人数バンドならでは(メンバーショットには14人)の豊潤なサウンドでテンポも展開も多彩。サイケデリックというかスペーシーというかでSF的な奥行(て何?)も感じさせてくれる。おかげで60分を越える長丁場ながら40代中盤のカルシウム不足おじさんでも余裕で聴きとおせちゃう。いやこれホント好きだわ。

    https://music.apple.com/jp/album/syntheosis/1454537811

     

    5. Crush / Floating Points

    オーガニックで柔らかな手触り、それでいてところどころアブストラクトなリズムによる聴感的なザラつき、そしてアンビエントな空気というそれぞれの塩梅が絶妙。ほんっと気持ちいい音ですし、どうせ金曜夜のオールナイトイベントにしか出ないんだろ、と思って聴いてたんですけどやっぱりそうでした。

    https://music.apple.com/jp/album/crush/1475361295

     

    6. Pitfalls / Leprous

    前作も音楽領域をグイグイ広げていこうという姿勢は前面に出てましたが、今回はなんつーかブレイクスルー感がある。メタル色は減退したけどプログレッシヴな色彩はさらに豊になり、リズムの多彩さとヴォーカルの表現力がさらに広がるとともにポップフィールドでも通用する感触と完成度にひれ伏す限りなんですが、ゆーき先生による「このアルバムでLeprousが成し遂げたのは『エレクトロ/クラブミュージックに立脚した現代ポップス』をプログレッシヴロックの血肉として表現しきったことである。」という評に尽きます。ってかゆーき先生のLeprous評、勉強になるのでみんな読もう。https://note.mu/sixx6sixx/n/n75b4c7e9ba88

    https://music.apple.com/jp/album/it-should-be-us/1486934069

     

    7. Giant Swan / Giant Swan

    バキバキのインダストリアルテクノ。カットアップされた暴動や暴力映像とマッシュアップされそうな治安の悪い音で最高です。ここらへんてジャスティン・ブローデリック界隈とかミック・ハリス周辺と関わりあったりするのかな?

    https://music.apple.com/jp/album/giant-swan/1477590147

     

    8. The Door To Doom / Candlemass

    全盛期のメサイア・マーコリンの前任者、オリジナルヴォーカリストであるヨハン・ランキストが復帰しての最新作。ええ、30数年ぶりの復帰ってどういうことよ。年とってからいきなりこの手の音楽歌えるの?と思いつつ再生してみれば、ドゥームメタルレジェンドのレジェンド感が音に出まくってておどろおどろしく、それでいて高揚感もたっぷりで最高じゃないのコレ。ヨハンも現役感バリバリでジャンピング土下座です。プロデューサーはAvataraiumやRoyal Hunt、Soenのマーカス・イデルでトニー・アイオミが1曲ソロを弾いていて、マッツ・レヴィンもバックアップヴォーカルで参加。来日公演ではもっとこのアルバムから聴きたかったぞ!

    https://music.apple.com/jp/album/the-door-to-doom-japan-edition/1451161720

     

    9. The Fire I Long For / Avatarium

    そしてCandlemassのブレイン&プロデューサーのコンビによる別動隊(レイフ・エドリングは数曲だけ作曲で参加)。前作前々作も悪くないけど1stのインパクトには及ばないかなーと思ってたAvatarium、新作は随所に「おおっ!」ともってかれるところがあって思わずアナ注(思わずアナログ注文)。ドゥームメタルに威厳と艶を同時に乗せるJennie-Ann Smithのヴォーカルは相変わらず最高。楽曲もRubiconとLay Me Downあたりは冴えわたっており、その幽玄&妖艶さたるやDoom Metal版Weyes Bloodとか言いたくなってしまうほどであります。今作でも引き続きレイフ・エドリングは楽曲提供してくれてるんですけど、レイフの曲よりマーカス&ジェニー夫妻による曲のほうがいいっていうね。

    https://music.apple.com/jp/album/%E3%82%B6-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2-%E3%82%A2%E3%82%A4-%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC/1482598591

     

    10. It Should Be Us / Andy Stott

    で、Andy Stottの新作もいいんですわコレが。こちらは暴力性低めですが、ダークで煙たくダビィな触感がサイコーに気持ちよい。ってかこれEP扱いなのなんでなんだろね。EP扱いだとどうだってこたないんですけど普通にアルバムって言ってもらった方がなんかスッキリしない?どうでもいい?ですよね!

    https://music.apple.com/jp/album/it-should-be-us/1486934069

     

    11. Live In London / Zeal & Ardor

    アルバムで感じられたプロジェクトっぽさが、ライブではむしろ練り上げられた舞台のようなショーとしての完成度に転換されててめちゃめちゃ引き込まれる。スタジオ音源に封じ込めきれなかった魅力をライブでは表現できていることがわかるという意味で、ナイスなライブアルバムです。

    https://music.apple.com/jp/album/live-in-london/1450956186

     

    12. Cafe Mor / Scorn

    元Napalm Deathのミック・ハリス先生によるScornの新作。ドブドブの暗黒インダストリアルダブでございます。Andy Stottに感じられたクラブの煌めきをむせ返るほどの地下暴力臭に置き換えた感じでめちゃめちゃ気持ちいいでござる。Giant Swanが若者らしい機敏さならばこちらは熟年ゆえの落ち着きに孕む狂気がいい。

    https://music.apple.com/jp/album/cafe-mor/1484680132

     

    13. The Heavy Steps Of Dreaming / Minor Pieces

    アンビエント系の作品を出しまくっているイアン・ウィリアム・クレイグとミッシー・ドナルドソンによるデュオ。オペラティックでクラシカルな旋律がアンビエントなドローン・ノイズに飲み込まれていくのが神々しい。素晴らしいです。

    https://music.apple.com/jp/artist/minor-pieces/1470037073

     

    14. Titanic Rising / Weyes Blood

    幽玄なカーペンターズというか女性版Father John Mistyというか(これはちょっと違うか)。タイタニック号沈没をテーマにしてるらしいんですけど、まさにゆっくり海に沈んでいくような美しさに満ちています。

    https://music.apple.com/jp/album/titanic-rising/1450550344

     

    15. Layet El Booree / Ifriqiyya Electrique

    イスラム神秘主義をベースにしたトライバルなスーフィーミュージック(という単語を今回初めて知りました)とインダストリアルの融合でめちゃめちゃカッコイイです。

    融合の仕方はまだ野暮ったさを残しているけれど、渦巻く暗黒密教グルーヴと冷徹なメタルギターの感触が非常に気持ちよい。A面よりB面の方がどす黒くていいかな。フジロックのオレンジコートに出たらめちゃめちゃ盛り上がるんじゃないでしょうか。

    https://music.apple.com/jp/album/laylet-el-booree/1450797962

     

    あとよく聴いたのはこの辺かな。

    Animated Violence mild / Blanck Mass

    https://music.apple.com/jp/album/animated-violence-mild/1463197887

     

    A Dawn To Fear / Cult Of Luna

    https://music.apple.com/jp/album/a-dawn-to-fear/1472437655

     

    The Liberation / Disillusion

    https://music.apple.com/jp/album/the-liberation/1472744756

     

    Zokusho / The Defiants

    https://music.apple.com/jp/album/zokusho/1462813492

     

    Boy Meets Girl / Endon

    https://music.apple.com/jp/album/boy-meets-girl/1445618270

     

    Heart Like A Grave / Insomnium

    https://music.apple.com/jp/album/heart-like-a-grave-bonus-tracks-version/1472537522

     

    Burn The Night / Riot City

    https://music.apple.com/jp/album/burn-the-night/1462107553

     

    We Are Not Your Kind / Slipknot

    https://music.apple.com/jp/album/we-are-not-your-kind/1463706038

     

    Planetary Clairvoyance / Tomb Mold

    https://music.apple.com/jp/album/planetary-clairvoyance/1462111637

     

    Veil Of Imagination / Wilderun

    https://music.apple.com/jp/album/veil-of-imagination/1479174395

     

    Blue Lightning / Yngwie Malmsteen

    サブスクにない!このご時世に!やるなイングヴェイ!

     

    発売が2020年になるLiturgyをのぞいて上位15枚は全部アナログで買ったぞ。って別に偉いとかすごいねーとか言ってほしいわけじゃなくてっ!ただ優しく抱きしめてほしい。それだけです。

    | 音楽 | 20:03 | comments(0) | - | - | - |
    イングヴェイの名ブート映像、Legend Valley '86の正しい日程はいつなのか問題。
    0

      老若男女誰でも一度は疑問に思ったことがあることと言えば、86年イングヴェイのマストアイテムでありますブート映像、Legend Valley '86の日程についてであります。諸説ありますが1986年7月4日としているところが一番多いこのライブ。アルバム発売予定日のはるか前、ツアー開始からも2か月前のこの時期になぜこのライブがあったのか。レコーディング中の気分転換に単発でライブをやったりフェスに出演するというのは割とよくあることだとは思うんですが、このライブの映像でのパフォーマンスを見る限り、そういうライブには見えないというか、やけに仕上がってると思いません?最後のライブから半年が経過しているし、長年やっているメンツというわけでもない。それなのにやけにタイトだし、流れもこなれているように見える。

       

       

      当日のヘッドライナーはZZ TOPだったらしいけどその組み合わせも変な感じだし、でもイングヴェイのマネジメントおかしなことやりそうだもんな。やっぱなんとなくこの時期に行われた単発ライブってことなのかな…と疑問を胸の奥に抑え込み、日々忙殺され、老いていくだけの俺だったんですが、先日何の気なしにこの映像の撮影者のアップロード動画をチェックしたところ、LOUDNESSの動画も発見。

       

       

      動画の説明に日程は書いていないがこの客、このステージセット、このアングル、間違いなくさっきのイングヴェイの動画と同日映像だよね。LOUDNESSも出てたってのは初めて知ったなあ、と「YNGWIE LOUDNESS "Legend Valley"」で検索。するとこの会場で開かれたコンサートが記載されているサイトを発見。

      • ZZ Top – June 28, 1986, with Yngwie Malmsteen and The Call
      • AC/DC – September 6, 1986, with Quiet Riot and Loudness

      (そもそも7月4日じゃなくて6月28日じゃねえかということはさておき)LOUDNESSは9月6日に出ていることになってる…ピコーン!!これは怪しい!!俺の中で、この映像のイングヴェイのライブは実は9月6日だったのではないか説が浮上しました。

       

      まず第一に、このLEGEND VALLEYってのはオハイオ州なんだけど、このツアーでは9月7日に同じくオハイオ州のトレドでライブをやってるので経路的にすごく自然。

       

      第二にアルバム発売日に関するマークのMC。TRILOGYのUS盤発売日ってのも実は86年イングヴェイの謎で、公式には11月4日になってるんだけど、マークのMC等によれば当初は9月8日予定、それが何らかの理由で直前で延期になって10月10日になったのではないか、てのが俺様のリサーチによれば最有力になっております。で。このLegend Valleyでのライブ中マークが「今度の月曜に俺たちの新作TRILOGYが出る」みたいなこと言ってんすよ。9月6日は土曜日。当初の9月8日発売予定を受けてのMCだとしたら、9月6日ていう日にこのMCなのはすごくしっくりきますよね。ちなみに7日のトレド公演では「明日出る」って言ってます。

       

      そして第三にこのステージセット。後ろにある巨大なオブジェ、AC/DCのWHO MADE WHOツアーのステージセットが正にコレなんです。

       

       

      これ間違いないっしょ!ちなみにこの会場、Legend ValleyだったりBuckeye Lake Music Centerだったり呼び名がちょいちょい変わるんですが、setlist.fmによれば9月6日にイングヴェイもBuckeye Lake Music Centerでライブやってんだよね。もちろんAC/DC、QUIET RIOT、LOUDNESSも。

       

      この辺の事実からして、Legend Valley '86の日程は1986年9月6日と認定いたします!やっぱりツアー開始2か月前に単発でライブやったイングヴェイはいなかったんだ… いやあスッキリしました!この記事を読んだあなた、すぐお友達に教えてあげてください!

      | Yngwie Malmsteen | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2017 Best 12 Albums
      0

        野球が好きなので、今年はチーム編成としてベストを考えてみました。野球好きな人は、守備位置との組み合わせでロマンを感じてくださいね。野球に興味ない人は、ほじった鼻くそでも食べててくださいね。

         

        1(中)Dead Cross / Dead Cross

        最初に一曲目が公開されたときはまあこんなもんかなーって感じだったんだけど思いのほかに中毒性が高く、聴けば聴くほどハマっていく感じであります。ハードコアをベースにパットンならではのギミックに意外と緩急起伏のついたリズムの楽曲群はどれもエクストリームでいながらめっちゃキャッチー。28分弱という長さもちょうどいいしBauhausのカバーもいい味出してます。ベテランながらも俊敏さが尋常じゃないので1番センター。ライブ観てえなあ。観てえよな?

         

         

        2(二)Life Without Sound / Cloud Nothings

        派手さはないが確実に決めるところは決める2番。守備もめっちゃうまい。いや90年代にエモ漁っていたときのあの感情が蘇るヤバい1枚です。鼻の奥ツンとくるよ。

         

         

        3(遊)Over Depth / Fret

        まさかの打てる遊撃手。Napalm DeathやScornのミック・ハリスによるエレクトロニックプロジェクトFRETです。ダークでアブストラクトでアンビエントなインダストリアルと、カタカナばっか並べて意識高い系大学生のインタビューかよって感じですけどもめっちゃカッコいい!ビートの向こう側で響く共鳴音みたいのがメッセージの宇宙船の中っぽいのがまた不穏で良い。アナログ買ったら付いてくるダウンロードコードがハイレゾなのも素晴らしい。

         

        4(一)Walk The Earth / Europe

        まさかのベテランカムバック賞。再結成後はSecret Societyがピークでここ2作はただの地味な70年代HRに成り果てていたんですが、今回はプログレへの憧憬たっぷりでかーなーりーいい!プログレっぽいのに曲短いのもいい!ミック・ミカエリの貢献度がかなり高いです。50過ぎたオッサンたちがただの懐古主義にならない、ルーツミュージックでありながら野心的っていう作品作っちゃったのがすごい。これ完全再現ライブ観たいなあ。

         

        5(捕)Harmony Of Difference / Kamashi Washington

        めっちゃ強打者なんだけど、守備位置としてしっくりくるのが捕手なカマシ。強打の捕手って打てるショートと並んでロマンよな!フジで観たライブも凄かったけどこの音源も壮大すぎてスピリチュアルな体験にまで昇華されちゃう。カマシのソロの裏でドラムが暴れまくってるのも最高…全部最高…。

         

         

        6(左)Devil Is Fine / Zeal & Ardor

        昨今は「ブラックミュージック」という言葉も差別的と言われていますが、このZeal & Ardorの音楽の根底に流れるブラックミュージックというのはR&Bやヒップホップではなく、南部の綿花畑で奴隷によって歌われていたようなチャーント、黒人霊歌という意味での「ブラックミュージック」です。映画「ジャンゴ」や「それでも夜は明ける」、そして最近のゲットアウトとルーツを同じくしながらブラックメタルのブラストやトレモロ、スクリームを取り込んでいるといった感じ。ルーツがブラックメタルというより要素としてのブラックメタルという感じ。音楽性は違うけど、創作の方向性としてはインディーブラックのLiturgyとかに近い。

         

        7(指)Dirty Projectors / Dirty Projectors

        まだまだ打撃は戦力になるものの、やや衰えが目立つので指名打者…て感じのDirty Projectors。相変わらずプログレッシヴで聴いてて楽しいんだけどね。

         

        8(右)World Eater / Blanck Mass

        安定感はないけど一発長打と強肩の凄みみたいなアルバムでした。OPNから洗練度を下げてさらにメタル快感原則に身を委ねた感じのサウンドがかっちょいい。

         

        9(三)Urn / Ne Obliviscaris

        相変わらずの歌劇プログレメタルで安定しておりますが、控えとの差は僅差です。監督の気分次第ですぐ交代のポジションであります。

         

        エース Through The Mirror / Endon

        いやこれ今年の大エースですよ。ノイズでありながら枠組みを大きく広げたようなブレイクスルーアルバムだと思う!終末叙事詩的色合いにはちゃめちゃな攻撃力加えた感じでホントかっちょええ。Nadjaとか65daysofstaticの3rdあたりの闇プログレを彷彿させたりもする。

         

        中継ぎ Hiss Spun / Chelsea Wolfe

        もう少しフォーキーなイメージだったんだけど、今作はめっちゃドゥーム。Endonと並んでカート・バーロウプロデュースで8回まで抑えて欲しい。

         

        抑え Drunk / Thundercat

        そして絶対的守護神サンダーキャット。Chelsea Wolfeの後のThundercatはまず打てない。ムーディーでありながらバカテクでスムーズにめっちゃ変な展開するのが気持ちいい。フジで観たライブもサイコーだった。

         

        控えは

        Arca / Arca

        The Dusk In Us / Converge

        Letters To Myself / Cyhra

        白暈 / Heaven In Her Arms

        Malina / Leprous

        Emperor Of Sand / Mastodon

        Villains / Queens Of The Stone Age

        Lykaia / Soen

        Masseducation / St. Vincent

        この辺は日替わりで試合出るぞ。

         

        こうして振り返ると今年はめっちゃ充実してたんだなあ。で、野球でやる意味ありました?

        | 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ハイトーン
        0

          昨日気づかされたんですが、養護学校教員免許持ってることでおなじみのm.c. A・Tこと富樫明生さんとGalneryusの小野正利さんの声って同一人物の可能性を疑うほど似てますよね。



          富樫明生さん


          小野正利さん



          それだけです!

          | 音楽 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          Dillinger Escape Plan feat. Mike Patton 2002-12-31 Great American Music Hall, SF, CA
          0

            某サイトにて2002年12月31日サンフランシスコでのThe Dillinger Escape Plan Feat. Mike Pattonのライブ映像がマスタークォリティでアップされていた。DEP feat. Patton、つまりDeppatton(デッパットン)のあのEPは俺にとっていまだ21世紀最高のエクストリームミュージックであるというのはことあるごとに、いやなくても発作のように繰り返し言ってるので皆さんうるせーと思ってるんじゃないかしら。思え!思いやがれ!

             

             

            エクストリームでカオティックな曲・演奏ながらパットンがめちゃめちゃポップに仕立てあげるというお互いがガッチリ噛みあった名コラボ。このEP以降ポップ方面にも志向を強めるD.E.P.だが、このコラボがその方向性に大きな影響を与えたのは間違いない。で、このメンツでのライブ映像としてはJello Biafra with Melvinsと共演した2002年大晦日のものが有名だった。

             

             

            今youtubeに残っているのはこの通り、2002年というわりに画質音質どちらも良くない。去年ぐらいまではVersion 2と題されたはるかに画質がクリアで音もサウンドボードと思われる(パットンのサンプリングが左右チャンネルに分かれているのがハッキリわかるので)素晴らしい映像もあったんだが、気が付いたら消えていた。その映像はダウンロードして音声のみ抽出してウォークマンに入れて楽しんでいたが、そのマスターがついにシェアされたわけだ。youtubeからダウンロードしたのは所詮360pの映像だし音声と映像合わせても180MB程度の小さなものだったので、DVDクォリティで楽しめるようになったのは本当にありがたい。有名なパットンコレクター氏が放出してくださったもので、もうカナダには足を向けて寝られない。カナダの人なのかはわからんけど。

             

            youtubeにアップされていた映像では欠けていたオープニングのMalpracticeの前半が音声だけとはいえしっかり収録されているのもサイコーである。パットン作曲のFAITH NO MOREの曲なんだけどDEPとやるならこれがいいよね。FNMではあまりやってくれない曲であるが、恐らくFNMよりDEPの方がカッコよく演奏できるのではないかしら。バンドの演奏とパットンのサンプリングの分離がハッキリしてるので、ヴォカリゼーション以外のサウンド面でのパットンの貢献もわかりやすくて面白い。EPの曲4曲やってラストは当時大ヒットしていたジャスティン・ティンバーレイクのカバー。「次の曲は真のメタラーに捧げる!Falseメタラーのためじゃないぞ!」と言ってこの曲に入るのが非常にパットンらしいです。そして全般的にクリス・ペニーのドラムのかっこよさがよくわかるライブでもあります。

             

            というわけで久々のブログ更新は俺こんなのゲットしたぜ自慢でした。そろそろイングヴェイ関連の秘蔵音源・映像とかもどっかから出てこないかなー。

             

            | 音楽 | 15:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE
            + OTHERS
            このページの先頭へ